あなたの会社はいくらで売れますか❓

2016.04.22
稲葉琢也
お金で絶対に困らない

会社を増やすお手伝い

いなジィのブログNO62

先日のご相談は



最近多くなってきた
事業承継・後継者問題です。


顧問先の社長さん

実弟が専務である
子会社の事で

相談にお見えになりました。



仕事は朝が早く
かなり体力を必要とする
内容です



弟さんも高齢になり

「体力的につらいから

辞めたい」と申し入れ


{2F75938B-2744-4CF7-8148-99498F20066D}


お取引先もあり
従業員もいる


しかし身内だからこそ
出来た仕事です。

社内には
専務に成り代わって

仕切る人物はいません



また外部から採用は
もっと難しいです。



しかし

社長の希望は

事業を引き継いでくれる
会社を探したい
会社の土地建物は売りたくない



いなジィも一緒に検討



会社の本業を切り離して
売却して

土地建物はその会社に賃貸する

専務は
不動産管理の仕事をすることで


ある程度の報酬を支払う




n>
買手の候補は
近隣の同業者が
数社です。



この方向で
メイン銀行の
M&A(企業買収)の
部署につなぎました。

メイン銀行は仲人の役割です。

{67F99586-49BD-4148-8D48-3D8BEE95B5E8}


売り手の名前を出さず
買う意思があるか打診します。


関心があれば
秘密保持契約を結び
詳細資料を提出し
検討してもらいます。



条件が合えば
基本合意に
(婚約みたいなもの)

{AC09A059-7FC5-4ABF-997E-C780ED159D24}


こんな感じで
会社は売れるのです。



その会社の場合は



毎月一定額の売上がある
優良な取引先があることに
価値がありました。

しっかりした会社に
会社を売ることも
事業が存続する


1つの有効な方法ですね。

ではどこに価値があるの?
基本は利益と
事業の強みです。

ダウン

魅力の商品
独自の技術
優良なお客様の数
種々の資格を有する社員
などです。


こんな風に
あなたの会社も売れます。
後継者が居なくて
事業の継続になやんだら
ダウンダウンダウンダウン
お悩みを社長の
片腕となり解決する
パートナー型コンサルタント


いなジイこと

稲葉琢也

にお尋ねください。

初回無料
 
新たな着眼点を与えひらめき電球

目の覚める質問で目

新たな気付きが得られるかもねビックリマークビックリマーク

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
☎︎082-548-2862