あらら月末の資金繰りは大丈夫?

2016.03.23
稲葉琢也
ご訪問ありがとうございます。
資金繰りでお悩みの

社長さんの片腕となり

問題解決する パートナー型

コンサルタントビズサポート

稲葉琢也です。

パートナー型コンサルタントは

セミナー講師とは、

全く異なる仕事です。
セミナー講師は講師が主役

コンサルタントは、脇役
黒子であったり
テニスの壁打ちの壁です。
安定したラリーを
続ける事が出来る
打ち易いボールを返して、
ラリーが続くことが求められます。

又は、
主役が思い切り鋭い
パッシングショットを放つことが
出来るボールを
返す事が重要なのです。
主役はあくまで社長さんであり、
クライアント企業であり、

答えを出すのも、
社長さんや会社です。
さて、今日のテーマは、
コテコテの資金繰りネタ
3月決算期末月の月末は、
資金繰りは要注意なのです。
理由は、決算月は、
多くの企業が、売掛金や

未収入金、貸付金など、
資金の回収を強化します。
従って逆の立場の
支払いをする企業にとっては
不利にならないように
自社の売掛金などの回収管理を
強化しなければなりません。
又以前、説明した、日繰り表は
資金繰りのブログ
ブログをご覧下さい。
営業が得意で好きな社長さん、
管理も大事ですよ。
私のクライアント企業でも

管理部門にお金を掛けるのは
勿体ないと、パート1名の
採用のコストを惜しむ方が
いらっしゃいましたが、
資金管理がドンブリで
銀行から喧しく言われ、
資金繰りの不安がブレーキになり、
社長さんも安心して営業出来て
いませんでしたよ。
あまり近視眼的な対応は
【木をみて森を見ず】ですね。
先を見通して、先手を打ち

皆さんに、良い事が雪崩の様に
起きますように
{0CB255A2-D79E-429A-948B-333127AC1A0D}

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。バイバイ