お困り事例②

2015.11.17
稲葉琢也
おはようございます。
前回に続き、相談企業の
お困り事例を紹介します。
売掛金

資金繰りの改善の為には
売掛金を早目に
回収しようとします。
先ずは売掛金が売上の何日分
あるのか確かめます。
決算書の売掛金➗年間売上✖️365
これで何日分の売掛金は分かります。
自社の締めが
20日締めの翌月末回収であれば
40日プラス15日
(毎日平均して売上た場合)
これを大きく上回った
日数になっていたら
売掛金の台帳を確認します。
特定の取引先が入金遅れ
になっていないか?
もし遅れている先を見つけたら
入金の督促をします。
常習的に遅れがちな先には
入金日の数日前、当日の確認、
入金にならない場合は
すかさず督促します。
又、ある先では
経理担当者が使い込みしていた
ケースもありました。
従って1度は決算時期に
売掛金残高を確認する
文書を売掛先に送り
相手企業と自社の帳簿残高の
一致を確認すると良いです。
不正防止の牽制にもなります。
数多くの企業で
長年勤めていることや
或いは金融機関出身である事で
社長が信用して、任せきりにし
経理担当者が使い込みして
税務調査などで発覚をみました。
信頼はしてもよいのですが、
信用して任せきりは危険メラメラ
又金融機関の方は売掛台帳に
ラウンドナンバーが
あれば注意して見ましょう目
少しおさらい
売掛金の減少させると
営業CFは増えます。
忘れた方は過去のブログで
確認して下さい。
それでも分からない場合は
ダウンダウンダウンダウンダウン
{70356472-ED46-47E6-B6FD-F48E53DCFE94:01}
ビズサポートへ無料相談下さい。
それでは又次回パー