お金は足りるか?

2015.12.23
稲葉琢也
おはようございます。
年末が迫り、
お困りごと相談で、
超多忙な為、
ブログを
お休みしていました。
経営者のお悩みごとを
一緒に解消する
稲葉です。
前回の続き、
日繰り表の作り方です。
先ずは縦軸に日付を
1~31日まで記入します。
次に横軸に
先ず費目の列を作ります。
そこから右横へ
お金の出入りを
記入するのですが
個人の家計簿と違うのは
入り払いを少し分けてかきます。
右横にまずは商売上の
お金の入りである
売掛金の入金
手形の受け取りがある方は
個別に詳しく説明します。
次に商売上の支払いである
買い掛け金の支払い
次の右横へ
商売上の費用
(内訳は2列目に設けた
費目欄に記入します)
更に右横へ
支払い利息
その他支払い
更に右横へ
社会保険料金税金
次の右横へ
借入
更に右横へ
借入返済
そして
差引現金預金残高
を記入します。
これで毎日お金の出入り
を記入して
差引現金預金残高と
一致させます。
この表を毎日記入すると
毎月何日にどんな理由で、
幾らぐらいお金が出て行くか
よく分かるようになります。目
1ヶ月のなかでお金が1番少なくなる
日と理由が分かります。
企業は赤字になって
倒産爆弾するのではなく
資金繰りが回らなくなって倒産爆弾します。
なのでお金の出入りが大事なのです。
売上1000万円があっても
お金が後から入る売掛金では
お金は入りませんね。ガーン
手形の支払い日にお金がないと
売上が上がり、利益が出ていても
手形は不渡りになります。
だからこそ、お金の出入りが
大事なのでです。
お金の流れが
よく分からない方には
以上のように
日繰り表を記入することを
おすすめいたします。
よく分からない方や
もう少し詳しく聞きたい方
どうぞ
初回無料相談を
ご利用下さいおいで
ではまた次回バイバイ