プラス思考❗️

2016.01.23
稲葉琢也
 おはようございます。
西日本ではこの冬最高の
寒気団が迫り、
大雪、凍結など大荒れの予想です。
移動を予定している方は
早めには移動するなどの
十分な注意が必要のようです。
お金の悩みを解決するコンサル
ビズサポートの稲葉です。
今日のテーマは、
小さな変化に気づく」です。
業界ではかなり良い企業で、
歴史も古いその会社では、
なんでも社長さんが1番詳しく、
いつも物事の決定は
社長さんのトップダウン。
{C0443663-4D7E-4F07-9C53-7D6DF6074883:01}
業績が良かったときは、
それでよかったのですが
時代や環境が変化して、
徐々に業績が低迷してくると、
経営が社長の考え・アイデアの
範囲内に留まり、限界感じをていました。
社長さんとしては、
従業員から積極的な提案や
意見具申が欲しいと考えていますが、
長年、ワンマン、
トップダウンであったために
社長は、自由に意見を言ってほしいと
言い、自分自身が思っても
社員さんから建設的な意見が
全く出ません。
社長さんもその問題点には
気がついて
どうしたら社員さんが
{CC046FD7-8EF2-4E4B-868E-32350DE9DAEA:01}
イキイキと働けて
活発に意見が出るのか
悩んでいました。もやもやもやもやもやもや
どうしたら良いと思いますか
というふうに聞いてみますと、
結論がわかっている為に、
社員さんがせっかく話を切り出しても、
最後まで聞かない。
すぐにダメだし、
「そりゃ無理だ」といった
否定的な発言をしてしまうそうです。
やはりプラス思考というのは、
非常に重要注意
よく聞く否定的な言葉、
後ろ向きで破壊的、
「できない」「無理」
「でもさぁ…」など
「難しいよね」
「あの人だからできたんだよ 」
「大変だなぁ」「疲れるなぁ」
「やだなあ」
「危ないよ」「ほんとに大丈夫?」
「景気が悪いからなあ」
「うちの会社は特殊なんだ」
「うちの業界は特殊なんだ」
一見肯定的に見える否定的な口癖とは
「…しなければならない(でもホント大変だよね) 」
「…すべきだ(でも本当はやりたくないね)」
こんな言葉をつい言っちゃうそうです。
この否定的な言葉の
反対の肯定的な言葉を
一つ一つ書いて、単語カードに、
裏表かいて、整理してみようと
言う話になりました。
話していた、私もやらなくては
と気づきました。
こうして、その社長さんは
イキイキと活発な意見交換が
できる会社にして、
現場で起きた
小さな変化の報告が
社長の耳にしっかり届く
職場環境を作り、
小さな変化の予兆に気づき
早目に手を打っていくことに
決めました。
{410C76B9-4F50-41CC-89CF-BBB0C5376349:01}

取組始めてまだ3ヶ月弱
どな素敵な職場になるでしょうか?
その後の経過は
又お知らせしますね。
では又次回バイバイ