マーケター神田昌典さんは2017年をどう見るか?

2017.01.14
稲葉琢也
フューチャーマッピング


中小企業の社長に役立ちたい
いなジィのブログ331
{B3001C48-9E59-4E24-B358-5D4D99CB985A}

「成長速度は移動距離に比例する」

この言葉を信じる私いなジィは

昨日、大阪まで来て

日本のトップマーケター
写真の神田昌典さんの
{BC13EFB5-D3B9-4BA8-8FB8-9A1313B40AB7}
セミナーに参加しました

神田さんの分析は2016

昨年から「情報爆発している」


従って昨年は



「圧倒的に情報量が増加しており
連携することで対処すると良い」
「マス市場、海外進出に打って出る
チャンスだ」と言った
「次元が違う応援者を味方に
強みを純化して
大きな挑戦を始めよう」
次元の高いところと連携するとは
例えば行政とタイアップする
などです






更に情報量は増え続け
世の中は情報が溢れて
混乱している



従って2017年は



シンプルであることが
成功のキーワードだと
予測されます



皆、溢れる情報量と
IT疲れして来ている


なので


長く時間がかかっていたものを
丸投げ出来るシンプルな
ものを求める



PPAPもシンプル化し
2つのものを1つにした例




異なる2つのくっつけて
新しい商品・サービスを
生み出すのです




従ってそのチャンスを
活かすには



能力の高い専門家が揃っている
ことが必要であり




その専門家の結束力が必要



「情報爆発の時代には
シンプル化すると



目立ってユーザーに突き刺さる
ビジネスとなると言われています



そのビジネスの核となるのは



2人(メインの人とサブの人)
が1番力が発揮される


あるシステム会社では



1人に1台のPCを辞めて



2人に1台にしたところ



不思議なことに
定時に仕事が終わり、
仕事の質も向上したそうです



2人で交互にチェックしたり
アドバイスして



1時間おきに交代して
仕事をすると



1人でするより高い
パフォーマンスを示した
そうです



クリエイティブな仕事は
1人でするより2人のチームの
方が効果的なようです



同じ理由で
1人の正社員より
2人のパートで仕事した方が
良いようです




私も今年の目標を達成するに
あたり、2人チームを
意識してしてみます



今日の午後、更にアドバンス講座で
深く学びます


続きはまた明日バイバイ





お金の不安を解消しビジョン実現を

一緒にサポートする

社外の戦略ブレイン

ココをクリック右矢印ビズサポート

いなジィこと稲葉琢也
{AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}

初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン

にお尋ね下さい

初回相談は無料です
お気軽のHPのお問い合わせ
フォームか下記の電話に
ご連絡ください

ダウンダウンダウン
082-548-2862