中小企業にチャンス到来です。

2016.04.02
稲葉琢也
お金で絶対に困らない
会社を増やすお手伝い
いなジイ
のブログNO41
3月末に借入を予定していた
お客様が2社とも
新たな金融機関から
純新規の借入に成功しました。
{F5325DD4-BC13-42EE-918F-57D75E420C37}

以前のブログに書いたように
3月は銀行も決算月で取引増加に
一生懸命なので、
借入がやりやすいと書きましたが
その通りの実績となりました。
決算月の3月と
中間決算の9月は
銀行も融資を増やそうと
努力しており
新たな借入がし易い
変わらず有効です。
更に、先日中国新聞にも
掲載された
事業性評価
ご存知ですか?
決算書や試算表などの
会計の数字のみで
判断するのではなく
事業の特徴や経営者を
よく見て評価するのものです。
分かり易く言うと
のび太くんの評価は
テストの結果や通知表で
判断するだけでなく
{F85C2D0D-A41E-43E9-ABB5-91692188945B}

日頃の努力の様子や
{12A9A15D-5368-476C-BD0E-455A53AAFB43}

ドラえもんと言う強い味方が居る
ドラミちゃんも居る
お母さんがシッカリ管理している
といった
定性的(数字でない)な
項目をよく見るのです。
もともと銀行はかつて
中小企業への融資は
社長の人物評価を
ベースに行っていました。
その後バブル期を経て
財務分析を中心にした
データ分析で判断する
スコアリングという
やり方を取入れ
効率を重視したが
上手くいかなかった。
なので
金融庁は
事業性評価
を取入れて
中小企業の定性的な要素も
よく見て融資することを
指導し始めました。
事業性評価については
あらためて詳しく説明しますね。
こんな銀行の風向きの
変化を上手く捉えるには
✅自社の強みを明確化する
✅弱みを克服する方法を考える
銀行に定性的(数字でない)情報を
      積極的に開示する

こうした事はコトバ
表現できると強いです。

上手に銀行を味方に付ける
チャンス

やり方を含めて

詳しくお聞きになりたい方は

いなジイ
にお尋ね下さい。
☎︎082-548.2862