中小企業に対する事業融資の取組は変わる?

2016.09.10
稲葉琢也
いなジィのブログNO.204
銀行の融資姿勢が変わる?

{C22537B3-7F3A-4FDA-8651-73CEFFFEE1DF}
金融庁は、17年前に作られた
金融検査マニュアルを廃止する
方向で検討に入った

{1260A2C6-5FB2-4E15-A45D-C1FDCD6EC444}

3年前に森氏が始めた
大胆な検査改革は
総仕上げの段階を迎えている
{A780F626-9A84-480A-9475-02E4DC5F50D3}


金融検査マニュアルは
1990年代の不良債権問題を
解決する為の
金融検査の検査官の
手引書であったが


それに基づいて
厳しい金融検査が
実施された為に


金融機関は実質的な規制と
受け止めてきました
{3D59E7D1-445F-4C9E-B45B-D360539DC34B}

前回取り上げたブログ
{8E09138F-2F78-4390-8D84-82E4C817F84A}
この本にその辺りのことが
詳しく書かれています
ポイントは次の3つです

企業の経営改善や成長力の強化




②持続可能性に懸念がある
企業の抜本的事業再生
早期転廃業と
円滑な新陳代謝の促進




="-webkit-text-size-adjust: auto; background-color: rgba(255, 255, 255, 0);">③担保・保証依存の
融資姿勢からの転換




この3つのポイントで
地域金融機関をみます




ニッキンの記事では
大手銀行の意見として
「金融機関が急に
変わるわけではない」
と書かれています

{C72BB189-6A21-4532-AC88-71AC9288F31E}



従って
中小企業の経営者や
それにかかわる専門家は
今後の地域金融機関の
変化の方向について
理解して
取引のある金融機関と
情報交換をすると
変化に対応して
より良い銀行取引を
目指していくべきです
最近地域金融機関は
事業性評価に力を入れ
始めています
事業性評価
中小企業の事業そのもの
本業を良くみて評価する
ということです
従ってそれに対応するには
ポイントは
自社の強みをシッカリ
磨きあげることです

先ずは
自社の強み、弱み
を見直してみましょう



100年成長企業作りの

チャレンジパートナー

経営者の悩みを一緒に解決する

ココをクリック右矢印ビズサポート

いなジィこと稲葉琢也

{90432ADE-B3ED-4AA7-993C-A89A4FC48D2E}

初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン

にお尋ね下さい

初回相談は無料です
お気軽のHPのお問い合わせ
フォームか下記の電話に
ご連絡ください

ダウンダウンダウン
082-548-2862