今度こそ、良く見て最適な選択をする

2016.06.15
稲葉琢也

 らお金で困らない

 
会社を増やす
 
いなジィのブログNO.116

{B13877C5-591F-4658-9712-4FF94C28CAE7}
舛添知事が辞職願いを提出

次の都知事は

良く吟味して

選ぶことが大切ですね

借入する金融機関を

選ぶ際にも

良く考えて選ぶことが
 大切ですね

先日の融資の案件も
 
結局
 
地銀は
個人事業から法人成りして
 まだ半年で試算表で見ると

返済能力が低く難しい
との回答でした
 
 
第2地銀は
返事が返ってこないので
 
借入は難しいと判断しています



 
結局全く取引が無い
 
信用組合で借りることに
 
なりました
 
信用組合の本部の
 
審査セクションに事前に相談し
 
取り上げできるとの
 
感触を得たうえで



 
その信組が取引しやすい
 
支店に案件を回して貰いました


 
その支店の融資の支店長代理を
 
紹介して頂き



借主に面談のアポどりを
するように手配しました
 
 
 
次に
その支店長代理さんに連絡をとり

社長の訪問の前に
 
挨拶と事前に当社の強みと弱みも
 
正直にお伝えして


 
社長の説明が足りない場合は
 
弊社がサポートする旨を
 
説明して案件の依頼をしました

{46BEA771-4A89-48F2-B00C-FED2AF290068}
 
本部に話しているなら
 
支店長代理に
そこまでしなくても良いのでは?


 
いえいえ
 
これが大事なポイントですニコニコニコニコ g src="https://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char3/002.png" alt="ニコニコ" width="24" height="24">
 
基本的に
融資案件の取り上げは
支店の担当者や融資責任者が
本気で取組んでくれるか否かで
{66C755CB-257C-4964-85D3-BF09492B75EC}

結果が大きく違うのです
 
よく
融資の決裁は担当者より責任者
責任者より支店長
支店長より本部の審査役
などと言いますが
新たな融資を取り上げる場合は
先ずは担当者や責任者が
その案件を何とか
取り上げしよう思うことが
1番重要です
 
なぜなら
稟議書を書くのは
担当者や責任者なのです
支店長は必ずしも融資に
詳しいとは限りません
じゃあ、本部の審査役なら良いか?
審査をする人は
銀行の貸し出し資産を
守る立場にあり
リスクは極力排除
しようとするので
ある意味あら探しが仕事なのです
{962826FF-F971-42D2-A455-943697A810C3}

なので新たな融資案件を自ら
取り上げることはしません
それでは担当者や責任者が
本気で取り組んでくれる企業とは?
1.社長が誠実で仕事熱心
2.事業の強みがある
3.良い情報も悪い情報も
    進んで開示し協力的
4.自社の事業と財務内容を
   良く把握している
5.銀行を重要で対等な
   ビジネスパートナーと
   考えている
6.会社と個人をどんぶりに
   せず、キチンと分離している
   舛添じゃないこと
こんなふうに
銀行取引対策を自社ででも
できるが信頼できる
パートナーと一緒に
取り組んで
みたい方は
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
お金、人、ビジョンの悩みを
 
社長と一緒に解決する
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
 
いなジィこと稲葉琢也

{3B0C468C-02BE-4F71-87DE-0B123EB6AA13}

初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初回30分は無料です。
 
ダウンダウンダウン
082-548-28