価値観を認め合えば良好なコミュニケーションとなる

2016.09.13
稲葉琢也
いなジィのブログNO.206

{178760C7-DBA4-468A-97D9-C5E6BD714217}
広島銀行の超でかい垂れ幕


池田頭取の写真が

FBで話題になっています

街が明るく、元気が出ますね



地域金融機関は地域で
受け入れられて


地域の元気が出ると


良いですね


その為には


価値観を共有する
必要がありますね



会社も同じことが言えます



今日のご相談企業は



6年前に経営危機になり

経営改善計画を作り

金融機関にリスケ
(リスケジュール=返済条件の変更)
をして貰い


社長夫婦で懸命に経営改善に
取り組んできました
何とか業績も回復してきて
正常化への道筋も見えてきたので
今回
経営改善支援センター事業を
使って改善計画策定に
取り組むこととしたのですが
先日、社長と後継者候補の長男が
経営方針をめぐり対立した
クライアントです
社長と後継者は口もきかない状態
今日は先ず長男の言い分や
思いを聞く為に面談しました
長男は借入の多い会社を
継ぎたくない
無借金なら
景気が悪くなっても
あまり困らないが
借入があるとリスクが高い
なので
「自分は社長にはなりたくない」と
考えていたのでした >
しかし先日の
長男「辞める」
{A5E602C6-6E19-4D70-BC11-AEB8E31DAB0C}

社長「辞めろ」
の言い合いの件は
落ち着きました
最大の原因は
社長がいつも一方的に
押し付けるような言い方を
していることが原因でした
{08BC2DC4-CF70-47E7-81CD-4E99FB302CA0}

先ずは素直に話しを
聞くことが必要という
ありきたりの答えでした
素直に話すとは
相手の価値観を認めて
ありのままを容認することです
例えば
長男は
「無借金が1番良い」という
価値観を持っており
社長は
「適切な借入は必要」という
価値観ですから
社長の考えを押し付けるのは
無理なのです
各々そういう考えである
ことを認めて
考えを変えさせようと
しないことです
但し正確な現状認識を
できるようにする為に
経営幹部向けの勉強会を
開催することになりました
{14C67812-5E32-4F8A-AA32-8A5304E9318F}

結果は又ブログにアップします
良好なコミュニケーションを
つくる今日のポイント

各々の価値観を認め合い

無理強いや押し付けをしない



お金、人、ビジョンの悩みを

社長と一緒に解決して
100年成長企業作りの

ベテランパートナー

ココをクリック右矢印ビズサポート

いなジィこと稲葉琢也
{03A00987-4CD4-4201-B012-FE535C85B89D}


初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン

にお尋ね下さい

初回相談は無料です
お気軽のHPのお問い合わせ
フォームか下記の電話に
ご連絡ください

ダウンダウンダウン
082-548-2862