借入するには保証人は必要ですか?

2016.07.04
稲葉琢也
 
次世代まで続く
 
100年健康企業作りのパートナー
 
いなジィのブログNO.136
 
銀行取引の?シリーズです
 
銀行借り入れには保証人が必要ですか?
 
はい必要です、特に代表者には必ず
 
保証人になる事を求めます。
 
理由の1つは
 
人的担保と言われ、保証人の個人資産
 
からの貸出回収が出来るからです
 
 
 
もう1つは、中小企業の場合は会社と
 
社長とは一体とみています
 
 
更には、会社の舵取りを責任を持って
 
行うことを求めているからです
 
 
 
 
最近「経営者保証のガイドライン」で
経営者が保証責任を免れることが
出来るように聞いたのですが?
 
確かに出来る場合があると
書かれています
 
しかし
 
既に借入があり、保証人になっている
 
場合に、保証人から外れるのは大半の
 
中小企業にとっては困難です
 
 
 
保証人を抜いて欲しいと申し入れすると
 
代わりの資力のある保証人を要求します
 
 
何個かの例示のなかで
 
事業再生の場合で従来は、
 
会社が過大な借入を
返済できない為に
債務免除を受けた場合
 
 
 
保証人である
社長とその他の保証人は
保証債務の履行を請求されます
 
 
会社が支払わなかった大きな金額を
会社の代わりに払えと請求されます
 
 
 
当然支払うことが出来ない為に
「自己破産」するか「自己破産相当」
まで個人持参を吐き出すというのが
今までのやり方でした
 
 
現在は100万円未満の自由財産しか
 
認めないから、年間の生活費程度は
 
残すことが認められます
 
又過度に豪華でない自宅は
 
残すことができるようになりました
 
 
いずれにしても
分かり難い事が多いのですが
 
 
保証人になるときは
よく確かめて印鑑を押しましょうね
 
以前のブログは
 
 
 
お金、人、ビジョンの悩みを
 
社長と一緒に解決する
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
いなジィこと稲葉琢也

初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初回30分は無料です。
 
ダウンダウンダウン
082-548-2862