借入によりしっかり資金を準備する

2016.03.06
稲葉琢也
{76302DC4-A69D-4447-9474-CC6B2726930D}
皆さんこんにちは。
広島は天気予報どおり、
午後から雨になりました。
お金、人、将来ビジョンで
お悩みの社長さんと
一緒に解決する経営パートナー
ビズサポートの稲葉です。
今日は、3月なので、
借り入れによる
資金調達についてのお話です。
以前のブログで、
3月は金融機関も決算月
なので、支店は貸出を
伸ばそうとしており、
借入のチャンスと
申し上げました。
以前のブログ
【資金調達のチャンス】
その際に
注意しなければならない
点について少し整理をしました。
ポイントは5点有ります。
第1点目は、
借入金利に過度にこだわらないことです
 0.1%でも安く借りたい
気持ちは分からなくないですが、
必要な資金をシッカリと借入して
本業でその資金を使い
充分に儲けることが重要です。
金利を下げないと
儲からないような事業は
そもそも無理があり
事業計画を見直す必要があります。
以前のブログ
【希望通りの借入をする】
第2点目は、借入は基本長期で
借入することです。
借入期間は借り手側に
期限の利益があり、
金融機関は契約期日まえに
繰上げて「返せ」と言えません。
従って、業績が順調で金融機関が
貸してくれる時には、
長期借入で借入しましょう。
第3点目は、
本業の利益率以上の
借入金利は要注意です。
資金繰りが苦しくて、
借入する場合は
金融機関がなかなか
貸してくれない為に
高い金利でも飛びつく
ケースは特に注意が必要です。
あと2点は次回です。
では又次回バイバイ