借入計画の立て方、検討のやり方は?

2017.06.08
稲葉琢也
 忙しくて検討すべきことが多い時は…
いなジィのブログ477
{0720BA7A-26A8-435A-B7A4-C79C6AAE29AA}
判断を迷ったら誰に聞くか?

重要な事で迷ってしまう事がありますが

そんな時は誰に聞きますか?
例えば借入を上手に使うには



借入の資金をどのように
使い効果をだすか?

この点をしっかりと考える
ことが大事なのです


設備投資なら
その設備をすることにより


生産能力が上がるとすると


生産能力が上がり、
結果売上が幾ら増えるのか?


一方で関連して増える経費は?


差し引き利益は幾ら増えるのか?


設備の減価償却期間ないで


投資金額は回収できるのか?


これだけのことを検討します


そうすれば


投資金額が妥当か否か?


みずから判断ができます


しかし大半の方は

こうしたシュミレーションが苦手


しっかりシュミレーションする方は


ほんの一部の人


大半の人がなかなか出来ないのは



理由があります



それは

「面倒くさい」

からです

考えたことを数字に変換して
検討することが求められます

従って

忙しくてやる事が多い社長が
これをしっかり検討するには

専門家に相談した方が

早くて確実です


ではどんな専門家に聞くのか?


そんなときには

お尋ねくださいねおいで
将来のお金の見通しを立てるのは
お手のものですよ
 
お金の不安を解消し
ビジョン実現をサポートする
社外の戦略ブレイン
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
キャッシュフローコーチ
いなジィこと稲葉琢也
{AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初回相談は無料です
お気軽に
お問い合わせフォームか
下記の電話にご連絡ください
 
ダウンダウンダウン
082-548-2862