取引銀行の変化に備えるには?

2016.11.14
稲葉琢也
金融機関への指導の変化
いなジィのブログ269
{D729F4FC-D615-42F6-A372-EE9BCEB168D8}
日本金融通信「ニッキン」
報じるところでは

マイナス金利が続き銀行
の貸出金利の水準は
低下しているが



貸出量は思うように伸びていない



銀行は、地方を中心に
少子高齢化による人口減少が
ますます加速し

そもそも貸し出し需要がないと
言う声が聞かれる



一方で
不動産担保のアパートローンは
増加しており



銀行の担保主義は
変わっていないとの見方がある


さらに事業者からは、
担保や保証人がなくて
銀行貸出の対象にならないとの
不満の声も聞かれます



先月公表された
金融庁の金融行政方針では
{8A9DB13A-51B3-4B32-94E8-2EDE9F070DC2}


担保や保証がなくても
事業に将来性がある企業は
銀行貸出の対象となっていない状況


「(日本型金融排除)」
生じていないか
実態把握を行うとしている




銀行にしてみれば
優良顧客をめぐる他行との
金利競争の結果


預金と貸出金の利ザヤが縮小し
収益が低下している現状では



貸し倒れは極力
回避したい




そのため安易に貸出先を
拡大するわけにはいかないが



担保はなくても
将来性のある業者を的確に
判断できるのであれば
貸し出しを行いたいという



しかし
「将来性の判断」
金融機関は苦手です



なぜなら、長いあいだ
財務諸表を分析して
融資判断するシステムを
構築しているのですから



言い換えると貸出審査は
「過去」を分析すること
であったのです
{AE41D69D-BE46-4717-9B91-BE8010136BF0}




従って
最近よく話題に上る
「事業性評価」による
融資判断はまだまだ
緒についたばかり









銀行は事業者の所に出向き
事業の現場をみたり
経営者と面談をして




事業の将来性を見極め
事業の成長を助ける




銀行本来の役割が
これまで以上に
求められています



或いは自行だけでは
対応が困難であれば
外部と積極的に連携していく
ことも必要です



この点は
「政府は、日本政策公庫と
民間機関の協調融資を
促進していく方針」との
報道もあります
{CC7749DB-FA30-4EA2-BD4C-B22541D458FE}

現在の金融機関をとりまく
厳しい経営環境は




今後も続くと考えられるので




これまで取引の無い事業者を
適切に評価して
融資取引を行い
{B01706D8-F482-4733-B9D2-5B671519356C}



銀行と事業者が共に
発展していく取り組みが
求められています


金融機関に求められることが
変化し始めていますが




一方でなかなか変わらない
「保守的」であることが
金融機関の特徴です



従って

社長さん❗️

自社が取引しようとする



或いは取引している



金融機関の変化を
気にして置くことも必要



間違いないことは
事業を磨き続けておけば
今以上に評価される
方向にあるということです



その為には

自社は
「どんなお客様の?」

「どんなお困りごとに」

「どのような価値を
提供するか?」

「競合他者に
無い強みは?」
こうした基本に立ち返り
強みを磨き続けることですね

迷った時には専門家の
視点を借りるのもアリですね


お金、人、ビジョンの課題を

社長と一緒に解決し

成長企業に変える

チャレンジややパートナー

ココをクリック右矢印ビズサポート

いなジィこと稲葉琢也
{AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}

初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン

にお尋ね下さい

初回相談は無料です
お気軽のHPのお問い合わせ
フォームか下記の電話に
ご連絡ください

ダウンダウンダウン
082-548-2862