実態と乖離した改善計画の見直し

2016.03.14
稲葉琢也
{BEC25FA1-73F6-447A-A852-24A6B7AE473F}

【5年間で1000社のお金で
困らない会社にする】
お金でお悩みの

社長さんの片腕となり

問題解決する 

経営パートナー


稲葉琢也です。 

 以前に改善計画を作り

金融機関の同意を得て

改善に取り組んでいる

企業の事例です。

毎年、懸命に経費削減をして

計画は達成出来ないが

計画の7~8割の実績で

なんとか金融機関の

協力を得ているものの

年々乖離が多くなり、

金融機関の協調も揺らいでいます。

金融機関は、計画の見直しを

要求しています。

自力で計画策定が困難な

場合は、専門家に計画策定を

依頼します。

税理士さんは、大半が、認定支援機関

ですが、改善計画策定は

あまり経験のない方も

いらっしゃるので

関与税理士かメインバンクと

相談して、経営改善支援センター事業を

使い、計画策定費用の2/3を国の

補助金で賄う方法もあります。
詳しく聞きたい方は、

どうぞ弊社ビズサポート
無料相談へ

お気軽にご利用下さい。おいで