新規借入

2016.02.08
稲葉琢也
{4638F947-7679-4EC3-9E4F-347265AEEA43:01}
皆さんこんばんは、
先日のブログの続きで、
本日はクライアント企業の要望で
新規設備資金の借り入れを
新たな金融機関で
申し込みに行きました。
全くの新規取引の金融機関です。
3月決算に向けて、
前向きに融資推進に
取り組んでいるという想定のもと
本店が県外の地方銀行に
行きました。
必要と想定される、
決算書3期分、直近の試算表、
取得設備の資料、収益計画書などの
資料を取り揃えて行きました。
ありのままを、出来る限り正確に
丁寧に説明して、
早期に融資の取り上げの可否の
方向性を出して頂く様に
お願いしてまいりました。
事務所に帰って直ぐに
電話があり、質問をされましたので
急ぎ追加資料を整え、支店に
説明に行きました。
{C47F8E7B-686D-47F7-B719-1701A1EC4C7C:01}

担当者や支店が稟議書を
書きやすいように、
求められた資料は、
迅速に対応しています。
やはり金融機関は
計画書や数字による説明と
疎明資料【見積書、契約書など】
をシッカリ準備することが
ポイントです。
{27B5312F-0E39-4D5D-A2DB-AE4014F6B7F4:01}

作り方が分からない場合や
詳しく聞きたい方は
下矢印下矢印下矢印下矢印
ビズサポート稲葉琢也
まで、無料相談をどうぞおいで