早期発見早期治療なら完治できる

2016.07.13
稲葉琢也
次世代まで続く
 
100年健康企業作りのパートナー
 
いなジィのブログNO.145

 
銀行取引のお困り事例です
 
今日の相談者は
 
ある金融機関の経営者のご紹介で
 
社長さんと奥さんがご一緒に来社
 
決算書を3期分持って来て頂きました
 
前期の利益は80万円の赤字
 
繰越欠損金は5400万円
 
 大幅な債務超過です
 
 
決算書の別表(七)を見ると
 
過去から毎期赤字がずっと続いています
 
7年前 △600万円
6年前 △700万円
5年前 △400万円
4年前 △270万円
3年前 △120万円
2年前 △40万円
1年前 △110万円
もっと古い欠損金が
毎年期限切れなっています
 
売上も年々減少しています
 
 
 
その80歳台の社長さんに聞きました
 
 
 
 
今後どのようにしたいのですか
 
 
40数年やってきたので
 
もう少し頑張ろうと思うのです
 
 
 
 
売上が毎年下がっておりますが
 
何とか今期黒字にできますか?
 
資金繰りは回りますか?
 

 
 
自宅マンションを親戚に売り
 
その代金を会社に入れて
 やりくりしています
 
 
銀行の返済はできますか?
 
 
 
 返済金額を減らしてもらい
毎月返済しています
 
 
支払い出来ないのでは? 
 
 
 
夫婦の年金も会社に
つぎ込んでいます
 
 
 
 
 
銀行借入の明細を見せてください
 
 シティ信用組合の借入は
 
3000万円、年8%の高金利
 
その他の借入を合計すると
 
総借入1億円 > 年間売上9000万円
 
危機的状況です
 
 

 
 
いなジィのアドバイスは
 
現在の事業の再生は極めて難しい
 
先延ばしするのは限界です
 
早い決断が必要です
 
しかし
 
決めるのは社長の役割です
 
社長さんの腹が決まるまでは
 
 
各金融機関の返済をストップ
 
それでも資金繰りが回らないなら
 
利息の支払いも止めます
 
 
 
社長夫婦の給料も削減します
 
 
 
 
現在賃貸している元営業所の
 
不動産を売却し借入返済します
 

 
 
以上の手を打って、月次の
 
試算表が黒字に出来るか
 
やってみることになりました
 
 
万が一に備えて
 
個人のお金は弁護士費用程度は
 
必ず残して置くよう話しました
 
 
もっと早くにご相談くだされば
 
 
打ち手も多かったのですが…
 
 
早期に発見、早期治療が
 
大事ですね
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お金、人、ビジョンの悩みを
 
社長と一緒に解決する
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
いなジィこと稲葉琢也
 
 
 
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初回30分は無料です。
 
ダウンダウンダウン
082-548-2862