期待通りの資金調達をする為に❗️その2

2016.01.26
稲葉琢也
{58DB9DC8-F25D-401C-8FA5-6036884CE237:01}

写真の本は佐々木先生の本です。

皆さんこんばんは、
 
お金の悩み事を社長様と一緒に解決する
 
ファイナンシャル・パートナー
 
遅くなりましたが、
 
今日は報告です。
 
先月支援して、期待通りの借入をする
承認を取った取引先です。
一旦承認を取ったものの
 
その金額では足りないことが
 
判明しました。
しかし前回も説明した通り、
借り入れの申し込みをした後で
 
金融機関とは
しっかりした信頼関係ができており
不足金額について、
 
同社の借り入れ希望額に
 
上乗せして融資して
 
いただけることになりました。OK
当初は借り入れ申し込み書類の
 
サポートを一生懸命いたしましたが
今回はありがたいことに、
支店の融資課長さんが、
 
しっかりヒアリングをして
日数の余裕も無い中で
 
稟議書類を作成していただきました。
もちろん質問があった項目については
社長さんも包み隠さず
書類を作って提示して
 
期日に間に合う承認に成功しました。
かなりスケジュールがタイトでしたが
なんとか予定通り実行する
運びとなりました。祝日
 
同社の初回の申し込みから
 
今回までの過程で
 
しっかりとした信頼関係が
 
できたことが成功の要因です。
 
金融機関とは条件交渉だとか、
 
心理戦などと言う方も禁止
 
いらっしゃいますが
昔と違って最近の金融機関は
しっかりと説明をして理解を得ればOKOK
支援者・専門家は経営者が苦手な
 
説明をサポートして
 
金融機関の担当者が
 
稟議書を書き易い、
 
資料作り、説明のサポートを
 
することが重要です。ひらめき電球
したがって社長さん方は
 
この正攻法の支援をしてくれる
 
信頼出来る専門家を
 
見つけることが重要です。
 
誰に相談するかで
 
答えが全く違うのです。
 
餅は餅屋ですよ
 
では又次回バイバイ