来年のビジョン

2015.12.31
稲葉琢也
{467C3330-D1BE-4BB9-B825-CFCE3161FBC6:01}
いよいよ今日で、
今年も終わりです。
お正月の間に、
新年の抱負を考える
方も多いと思います。
一方で、それどころじゃない!
資金繰りで忙しい!
仕事が忙しくて考える暇も無い!
こう仰る社長さん、
この機会に頭の整理をしましょう。
資金繰りが厳しい企業の
社長さんに共通することが、
お金に振り回されている。
ということです。
返済資金を確保する為に、
売上重視で利益そっちのけ、
赤字受注していたり、
受注して自社でこなせないから、
外注しているが、受注価格は低迷し
外注費は上昇しており、
そもそも受注しても
儲かっているのか
儲かっていないのかよく分からない。
借入をする為に、
少しでも決算書をよく見せる為に、
売掛金や在庫を増やしたり、
減価償却しなかったり、
資金繰りの為に、
保険や有価証券を
処分しても帳簿に残したままに
したりと決算書を操作したり。
あるいは、経費を削減するように
銀行に言われて、
過度に人件費を削減して
社員のモチベーションが
下がりっ放しとなってしまったり、
優秀な社員が辞めてしまったりドクロ
本業で必要な仕入が出来ず、
売上が下がってしまっている。
こんな企業が相談に来られます。
銀行に言われるままに
経費削減ばかりでは
事業は再生できません。爆弾
企業が生き残る為には、
本業を磨くことが
必要です。
なので、年始にシッカリ自社の
事業を見直しましょう。
もつれた糸のように、もやもや
複雑になってしまったらもやもや
実績のあるプロの専門家に
相談しましょう。
自称何でも出来るという
ナンチャッテコンサルタントには
要注意です。
お困りの経営者が、
藁にもすがる思いで
高額報酬を支払い、
結局なにも解決しない
騙されたケースも
沢山ありますよ。
以前のブログで書きましたが
自らSWOTを使って、
自社の強み、弱み、
外部環境の機会と脅威に
分けて考えてみましょう。
それを幹部社員にも
考えさせてみましょう。
本や講演などで
いろいろな考え方や方法論
が溢れていますが、知識ではなく、
自社の事業を様々な角度から
深堀して考え抜いてみることです。
紙に書いて、言葉化してみると、
考えが整理できます。目
新年の新たなビジョンを明確に
一年の好スタートをキッチリ
実現しましょうビックリマーク
やり方の分からない方は
下矢印下矢印下矢印下矢印
無料相談へどうぞおいで