決算対策

2016.02.20
稲葉琢也
{2F9E4CA2-E205-4016-8C70-401DF0B815F9:01}
おはようございます。
広島は雨の朝です。
昨夜は広島松翁会に体験で
参加させていただきました。
沢山の気づきを頂き、
スマホにメモしました。
スキマ時間で繰り返し読みます。
お金のお悩み事を社長さんと
一緒に解決する
経営パートナー
ビズサポートの稲葉琢也です。
決算の集中する3月に向けて
決算対策として注意するポイントを
説明致します。
今日は
貸借対照表(バランスシート=BS)
の仮払金、未収入金、立替金などです。
社長さん、御社の前期の決算書を
よく見ましょう。
試算表も確認します。
誰に対する支出であったのか?
発生した理由は把握出来ているか?
いつ発生したのか?
お金はいつ入ってくるのか?
実はこうした勘定科目に
様々な不都合な事実が
紛れ込んでいる
場合があります。
会社の事業と直接関係ない
社長や知人等、他企業への実質的な
貸付で、資金回収が困難であったりする
ケースがあります。
実態を把握して手を打つと共に
正しい勘定科目へ振替など
対策を講じましょう。
金融機関の財務分析でも
悪い影響がでます。
又、中には従業員の使い込みが
隠れていたケースもあります。
資金回収がすすまない場合は
抜本策を練る必要があります。
やり方が分からない場合は
早目に専門家に相談しましょう。
どこに相談して良いか
分からない場合は
下矢印下矢印下矢印下矢印
ビズサポートの無料相談へ
どうぞおいで
では又次回バイバイ