決算対策

2016.02.22
稲葉琢也
{D1DE3104-D45A-4B07-831F-B67F21728E86:01}
こんばんは
今日もお困りの企業の相談が
続き遅くなってしまいました。
社長さんと一緒に
お金の悩みを解決する経営パートナー
ビズサポートの稲葉琢也です。
確定申告や決算の集中する
3月に向けて、
税理士の先生方も年間で
最も忙しい時期ですので、 
決算に向けて注意した方が
良いポイントをお知らせします。
今回は、資産勘定のうち、
投資有価証券、出資金、
保険積み立てです。
投資有価証券や出資金の
内容をよく見ましょう。
潰れてしまったゴルフ会員権や
資金繰りに苦しくて売却した
株式会社や市場性のない出資金
資金化が困難なものが
混じっていませんか?
又、借入が多く、資金繰りが厳しい
企業でも、こうした科目に
資金が固定化しているのは
合理的ではありません。
極力資金化を図りましょう。
また保険積み立てについては
必要な保障額を検討します。
又、かつて節税目的で
加入したものは
赤字決算が続いたら、
節税効果を加味して
実質の解約返戻率を
計算して、加入したものは
赤字決算が続いたり、
大きな繰越欠損を抱えたら
解約した方が良い
場合があります。
また保険の種類により
解約返戻金のピークを
過ぎて、年々解約返戻金が
下がっているような場合もあります。
決算月より1~2月前までには
良く内容を確認して下さい。
担当任せにすると
過去のやり方を踏襲して
結果不適切なまま
放置されてしまいます。
お気を付け下さい。
では又次回バイバイ