社保や年金を見直して経費削減する❗️

2016.03.09
稲葉琢也
{E168E2F8-3A31-42F8-B850-E6152522DC01}
皆さんこんにちは

今日は朝から雨が降り、

寒い1日になりそうです。

気温の変化が激しいので
風邪などひかぬよう、

体調に気をつけましょう。

お金、人、将来ビジョンで

お悩みの社長さんの

経営パートナービズサポート

稲葉琢也です。

今日は経営改善にお取り組み中の

中小企業の経費削減の事例です。

その会社は業績は厳しいものの、

繰越欠損今がなくて、

儲けて利益が出ると

法人税がかかる為、

役員の報酬を引上げて、

個人の所得税を引かれた

残りのお金を会社に貸付金し、

そのお金で会社の

銀行返済をしておりました。

今回さらなるコスト削減が必要となり

大幅な役員報酬の削減を

検討することになりました。

たまたま、
社長と取締役が、

65歳を超えていたために、

一部支給停止となっている

年金を全額受け取ることが

出来る水準まで役員報酬を下げ、

年金を満額受け取ることにしました。

65歳以上の在職厚生年金は、

年金と報酬を加え47万円を an>

超えた額の1/2の金額が

年金の支給停止金額です。

100万円/月を超える報酬を

32万円/月に減額しました。

すると会社は68万円/月の

役員報酬の削減と、それに応じた

社会保険料も減るために
75万円/月以上の経費削減できます。

一方で社長さんは32万円プラス約20万円を受け取ります。

一年間は、個人の地方税が報酬100万円に

基づいた金額なので、一年間は会社に

個人の地方税の一部を

負担してもらいます。

このことにより、会社は

大幅なコスト削減が出来ます。

又社長は実質的には

ほとんど、役員報酬の

減額を受けません。

もう1名の役員も同様な

処理を行います。

このように、高齢化の

現在では、

年金や、社会保険料、補助金・助成金を

活用することもお忘れなく❗️

税理士さんは詳しくない

場合もあります。

お近くの街の年金センターに

年金手帳を持参して相談

してみましょう。

{2CF4B4F8-B0A6-4A6D-85AD-5587C25D9D56}


よく分からない場合は

社会保険労務士さんに

聞いてみると良いです。

どこに聞いて良いか

よく分からない場合は

弊社の無料相談へ

お気軽にご相談下さい。おいで

では又次回バイバイ