続、見落としてませんか?

2015.12.06
稲葉琢也
おはようございます。
前回に続き、年金の見落としです。
会社の資金繰りが苦しく、
コスト削減で給料を
減額する場合は
年金を貰える額を
意識して検討すると
会社負担を軽くして、
社長さんの実質の手取り額を
減らさない事も可能な
場合があります。
と言いましたね。
働きながら年金を貰う在職年金、
の場合には、65歳からは、
年金と給料の月額が
47万円未満だと
年金は全額支給されます
合計が47万円を超えたら
超えた金額の2分の1の金額が
年金から減額されます。
従って社長さんが年金を
貰える年齢になったら、
在職年金を活用して
役員報酬の引下げを
検討しましょう。
役員報酬を変更する場合は、
決算月から3ヶ月以内に
改定する事が必要です。
又、こうした会社の場合
万が一に備え社長さんが
個人で保険をかけている
ケースも多いのですが、
会社で加入した方が合理的な
場合も多いのです。
個人の支出を減らせば
報酬を減額することも可能となり、
報酬が下がった場合、
年金を受給することで
手取り額を補うのです。
細かな計算を繰り返し、
シュミレートすることが
必要となります。
分からない場合には、
社労士に相談してください。
適当な相談相手が
分からない場合には
下矢印下矢印下矢印下矢印
初回無料相談へお気軽にお問い合わせくださいおいで
では又次回バイバイ