自分の預金が使えない。

2016.04.26
稲葉琢也
お金で絶対に困らない

会社を増やすお手伝い

いなジィのブログNO66 

昨日の「定期預金には

しないでね」の理由

事業がうまく行かなくて

資金繰りが厳しくなると

借入がだんだんと
難しくなります。

そんな時に定期預金を
預けていると

銀行は定期預金を
見合いに融資をします。
この預金を
見合い預金といいます。



見合い預金とは
貸出に当たって
担保の手続をとらずに
銀行が預金を払い戻しせず
使えなくしている預金のこと。

銀行は貸出をその見合い預金で
返してもらうつもり

その後
事業主は更に資金が
必要なときに

その定期を解約して
使おうとすると

「解約できません」って

言われることもあります。

{BCA30431-AB94-49B4-88AA-038DD3FCC7A5}
銀行には
定期預金の満期までは
払い戻しを
しなくても良い
期限の利益があります。



期限の利益ってなに?


期限が来るまでは
支払いを求められな
ことで受ける利益です。


例えば
借金があっても
支払い期限までは
繰り上げて全額
返さなくてもいい
借主にとっての
利益や


定期預金を
満期までは
払い戻さなくてよい
銀行側の利益のことです。


なので
借入している中小企業は
手許資金は定期や積立に
すると


いざお金が必要な時に
使えなくなると困るので
当座や普通預金の
いつでも払い戻しできる
預金にして
おきましょう。

{C5550991-2CDF-4ED0-A0E3-0187541069A9}

借入した銀行から
依頼され断りきれない場合は
期日に解約をする約束で
付き合ってあげましょう。
こんな風に
銀行取引で悩んだら


お金、人、ビジョンの悩みを
社長の片腕となり解決する
パートナー型コンサルタント


いなジイ

{691836CC-C9B0-47FC-8EF8-902EB2EE1C65}
稲葉琢也

初めての方はこちら
↓↓↓↓↓

にお尋ねください。

初回無料
 
新たな着眼点を与えひらめき電球

目の覚める質問で目

新たな気付きが得られますビックリマークビックリマーク

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印 ="24" style="margin: 0px; padding: 0px; border: 0px;">下矢印
☎︎082-548-2862