良く吟味すれば必要な事業融資は引き出せる

2016.06.12
稲葉琢也
お金で困らない
会社を増やす
いなジィのブログNO.113
{5EAE7610-E2A3-4ECA-A5E6-9ACB80549495}
アメリカの大統領選挙は
トランプ氏とクリントンさんが
激しい舌戦をしていますね
よく吟味して選択して
欲しいものです
金融機関の取引も
良く吟味して取引を
する必要があります
現在相談中の会社さん
現在賃借している事務所で
建設会社を経営している
社長さんです
個人事業で5年程経営をして
現在法人として、第1期の途中です
自宅と会社事務所を別々に 
賃借りしており
支払い家賃も馬鹿にならないので
今回その物件を買えば
2階を自宅として使い
1階を会社事務所に
活用できるため購入しようと
決断されました
しかし
メインバンクのM銀行に
申し込みをしましたが
日にちが経っても
なかなか良い返事が
貰えない為に
{9E3244A7-ADAB-4911-B1EB-7E206321AFB6}
売主の関係会社から
銀行借入の手配の
依頼があったのです
個人事業の間の直近3年間の
確定申告書一式と
>
法人成り後の試算表
受注工事明細
など財務関係の
資料を提出されています。
A銀行とB信用組合に
全く同じ資料を提出して
検討して頂きました
結果はどうなるのでしょうか?
みなさんどう思いますか?
M銀行は難航しています
{1F039485-ACA4-4009-A14A-95BC6E416C9A}

A銀行は個人事業の間は
節税目的で充分利益を
出しておらず
法人成りした会社の
事業の計画書を要求しています
B信用組合は本人に
問題が無ければ
資料での事前審査は
問題ないとの判断です
但し
人物の判断は重視します
金利は地銀のA銀行が1番低い
2番目は第2地銀のM銀行
3番目がB信用組合
借入のスピードと借り易さは
1信用組合
2第2地銀
3地銀
の順でした
全く定説通りでした
ポイント

やはり金融機関取引は
一行取引ではなく
業態の違う金融機関を
2~3行と取引した方が良い
取引行を増やしたい時は
ダウンダウンダウン
ダウンダウン
ダウン
お金、人、ビジョンの悩みを
社長と一緒に解決する
アップ
ココをクリック
いなジィこと稲葉琢也

{54F793EC-BD39-42AC-BF01-79CF31DA1D55}
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
にお尋ね下さい
初回30分は無料です
ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン
082-548-2862