見落としてませんか?

2015.12.04
稲葉琢也
かつては、よく儲かっていた
会社が、長年の間に
だんだんと業績が低迷して
いつの間にか、
資金繰りが苦しくなり、
相談にお越しなった。
こんな場合に、よくある見落としを
お話します。
経営者が働き盛りの頃は、
バリバリと働いて給料を
月2百万円貰っていた。
なので、
歳とって65歳からは、
年金が多く貰えると
思っている社長さん
多い、ですよ。
厚生年金のもとになる
年金保険料は
標準報酬月額1等級から
30等級まで有りますが、
最高は30等級62万円で
打止めなのです。
給料が高かったから
年金を沢山掛けたと
思っていても実は、
そんなに多くないのです。
従って会社の資金繰りが苦しく、
給料を下げる場合には、
社会保険料の標準報酬月額を
横目で見ながら決めましょう。目
又年齢、給料によりますが、
60歳台前半の厚生年金が
貰えるかもしれません。目
この年金は特別支給の年金で、
65歳以上の年金を
繰上げて貰うのとは異なり、
貰っても65歳からの
年金額は減りません。
但し年金月額と報酬月額を
足した金額が 
28万円を超えると
超えた金額に応じて、
年金が減額され、ダウン
更に多いと年金は
全額支給停止となります。ダウン
コスト削減で
給料を減額する場合は
年金を貰える額を
意識して検討すると
会社負担を軽くして、
社長さんの実質の手取り額
を減らさない事も
可能な場合があります。
年金の年齢が近づいたら
街の年金事務所で聞くか
社会保険労務士に聞いて
みましょう。
分からない方は
ビズサポートにお尋ね下さい。おいで
では又次回バイバイ