観戦から教訓へ、得するスポーツ観戦

2016.08.24
稲葉琢也
次世代まで続く、
 
100年健康企業作りの
 
チャレンジパートナー
 
いなジィのブログNO.187
{3310359E-1EFB-43AB-8D6D-98F83EF23087}
リオ五輪も終わりましたね
なのでカープのネタに
したかったのですが
 
昨日はサヨナラ負け笑い泣き笑い泣き笑い泣き
 
悔しいのでシンクロネタです
 
シンクロで井村コーチの
鬼っぷりがTVで話題に
なっています
 
インタビューで
「厳しさは、選手への愛情ですか?」
と問われ
 
「愛情などでは有りません」
とキッパリ
 
「どうやってもこの選手達に
メダルを取らせること」
だけを考えていたそうです
 
 
選手達も必ずメダルを取る
と強く想っていたそうです
 
 
メダルを取るというビジョンに
向かって選手達が
腑に落ちていたから
自分たちのやるべき
厳しい練習が継続できた
のだと思います
 
 
経営も全く同じですね
 
社長のビジョン(将来の理想の姿)
思いやこだわりを実現する
行動指針=クレド
ミッション等
 
漢字であろとカタカナであろうと
大切なのは
社長の思いが
幹部や社員に正確に伝わり
腑に落ちていること
 
そしてメンバーが
自ら主体的に
イキイキ、ワクワクと働くのと
 
嫌々働くのとでは
何倍も成果が異なりますね
 
この違いは何か?
 
社長の考え・思いは
幹部にすら全然伝わっていないのです
「経営理念」「社是」「行動指針」が
額縁に入ってホコリをかぶって
いませんか?
 
いくら社長が一生懸命
考えても、頭の中のことを
コトバで表現しなければ
伝わりません
 
 
又一度聞いても
人間はすぐ忘れますね
 
 
基本的な考え方を
分かり易く、丁寧に伝え
皆が習慣化するまで
粘り強く浸透させる
ことですね
 
 
又幹部との間のギャップは
思い込み→きっと○○◯だろう
遠慮→忙しくしているようだから
あとで話そう
この2つにより起きます
 
よく話し合い
意思疎通を図ることです
 
皆さん
今回のリオ・オリンピックを見ていて
日本チームのチーム力に
感動したと思います
 
これを自社に取り入れることで
単なる観戦ではなく
教訓を得たことになりますね
 
オリンピックの総集編などの
振り返り番組を
こんな風に見ては
いかがでしょうか?
 
 
 
お金、人、ビジョンの悩みを
 
社長と一緒に解決する
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
いなジィこと稲葉琢也
 
image
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
初回相談は無料です
お気軽にHPのお問い合わせ
フォームか下記の電話番号へ
どうぞ
 
ダウンダウンダウン
082-548-2862