諦めずに、良く探せば見つかります

2016.06.04
稲葉琢也
{60415287-63E9-4EB1-AAAB-6F027A985D04}


いなジィのブログ105
不明男児の大和君が

6日ぶりに見つかりました

{B1EEC957-4EAC-411E-AADA-5F9BB82DC85D}
諦めずに探して

本当に良かった❗️




銀行取引も

自社にあった銀行を

良く探しましょう


始めて借入をする
銀行を探す時は…?
✅創業間もない時の借入はどこがいい?

{691836CC-C9B0-47FC-8EF8-902EB2EE1C65}
まず最初は
日本政策金融公庫(国民事業)などの
政府系が借り易いです
{C499B890-1B7A-4E8E-A0E0-049070B24A83}
欠点は
店舗の数が少なく、利便性が低い

頻繁な借入は難しい
一般の銀行業務は
行っていないので民間銀行に
口座が必要です


地域金融機関も

さまざまな融資制度を
持っているので


創業支援の窓口を訪ねて
親切にしてくれた金融機関を
選択するのも良い方法ですよ
 
{E71D7CE9-FA01-479C-9622-9F078EB3547C}
長所は
店舗が身近でいろいろ
相談出来る

次は

✅創業時の借入は多めに
借りた方がいいの?

{691836CC-C9B0-47FC-8EF8-902EB2EE1C65}
はい
創業時の計画が
順調にいくシナリオと
なっている計画が
多いが
ある程度計画が
下振れすることも考えて
7~8割の達成率で
余裕を持った
保守的(確実性の高い)
計画を作ります
その計画に基づいて
必要な額を借入します
従って最初に計画した
借入額より借入が
多くなるのが正解です
{38360CA9-9010-4979-A98A-0C978CF65DA9}
事業が不振な時に備えて
資金を準備しておきましょう



✅取引する銀行はいくつが良いの?
 
{691836CC-C9B0-47FC-8EF8-902EB2EE1C65}
 
事業と借入総額によりますが
2~3がベター
創業時は1つですが
政府系で借入した場合は
地域金融機関の取引を
将来の借入も考えて始めます。
更に事業が拡大したら
異なるタイプの金融機関を加えます
例えば
政府系+地方銀行+信金・信組
組み合わせにします
地銀同士や信金・信組同士では
似たような考え方、方針なので
複数取引のメリットが少ないですよ
銀行取引に悩んだら
 
 ダウンダウンダウン
 ダウンダウン
 ダウン