資金繰り予測が狂うのは理由があった。

2017.04.04
稲葉琢也
皆、同じ場所でつまずいていた


いなジィのブログ411
{3DD872A8-88DF-485A-AA1B-617A867596E0}


最近分かったことは
資金繰りの厳しい会社にかぎって
自社のお金の流れを理解してない

ということです


資金繰りは基本的には



家計簿みたいなものです




お金の入りと出を




向こう6ヶ月〜1年先まで




予定するものです


{84702F64-DF09-4B45-8470-CA519DE7E5F7}



先ずは、毎月固定的に出て行く




お金を把握して今後の予定を立てます




役員報酬や給料




福利厚生費




家賃やリース料




水道光熱費




などなどの固定費は
比較的かたく予測できます






次に入金です



ここが正確さを欠きます




営業に強く、積極的にな社長さんは




この見込みが楽観的ですが




資金繰り予測をする場合は




8〜9割合確実な売上とします


更に、その入金をみますが


回収の条件が、例えば


月末締めの翌月末に
50%現金50%手形(3か月)
いわゆる「半金半手」


こうなると分かり難いチューチューチュー


更に


売上に対する仕入の割合は
通常はほぼ一定ですので


仕入が額が決まればりらろ
支払い条件を更に考慮



例えば
月末締めの翌月末に手形50%


この売掛金の回収と


買掛金の支払いの予測が甘いと


支払い日の直前になって


初めて資金が足りないと


大慌てするのですガーンガーンガーンびっくり



ではなぜそうなるのか



実は普段お金のことを


経理や税理士に丸投げするからです


もう少し詳しく説明すると



経理や税理士が
正確に予測できるのは
固定費なんです


売上、仕入、外注の予測は


おもに営業のキーマン
中小零細企業では社長しか
分からないのです


しかし社長はアクセルを
吹かすのは得意だが



手堅く、保守的に考えるの苦手


だから


先々の資金繰り予測が
不正確で


しょっちゅう下振れて
資金繰りがピンチになるのです


そんな経営に必要な
お金の流れを予測出来ない方は




相談してマンツーマンで
{02DDE2D5-5AF5-4637-AAA2-14E03E6D785D}


資金繰り表の立て方を


身につけてはいかがでしょうか?




お金の不安を解消し
ビジョン実現をサポートする
社外の戦略ブレイン


ココをクリック右矢印ビズサポート


キャッシュフローコーチ

いなジィこと稲葉琢也
{AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


初めての方はこちら

ダウンダウンダウンダウンダウン



にお尋ね下さい


初回相談は無料です
お気軽に
お問い合わせフォームか
下記の電話にご連絡ください


ダウンダウンダウン

082-548-2862