赤字企業でも大丈夫❗️

2016.04.05
稲葉琢也
お金では絶対に困らない
中小企業を増やす
お手伝いするいなジィ
のブログNO44です。
皆さん、昨日のこの記事NEW
{3A697733-D308-4858-A00E-880E4AC3B195}
お読みになりましたか?
銀行は
低い金利で預金を集めて、
貸出や国債などにお金を投じて
利ざや(金利差)で収益を
上げています。
こんなイメージです。
{B659A33C-3B68-4930-B74A-29FE64910657}
     
       
            か
                  し
日銀のマイナス金利政策の影響で

{9142F459-C3C1-4403-9EA7-28E08BDF2585}

最近話題の
住宅ローンの金利や
{BA2436A3-B20E-462B-BB00-BE2D10984DCD}


国債などの
金利の収入が
低下しているが





預金の支払い利息は
すでに下がっており
下げる余地が少ない。ゲッソリ


又預金を預けて頂いてる
お客様から手数料は
なかなか取りにくいガーン
        な
             の
                  で
金利収入は減るが
支出(支払い利息)は
減らないので
銀行の将来的収益は
悪化が予想されますダウン


こうした影響を
避けるために


従来は難しかった
赤字企業にむけた
新規貸出することを
発表しております。



これは中小企業の
皆さんにとってチャンスビックリマーク
ですねビックリマーク


ではこうした風を
上手に受けるには
どうすれば良いのか?


いままで
赤字企業には貸出が
難しいのはなぜか
考えると

銀行は貸したお金を
払って貰えない
これが怖いのです。


ではどうするか?



借入を確かに返すことが
できることを
銀行に理解して貰うのです。


それが出来れば苦労せんよ❗️ムカムカ


こんな声が聞こえそうですね。



そこで先日のブログの内容


赤字の挽回計画(数字)
だけではなくて

御社の定性的(数字ではない)な
良さを見て貰うのです。



✅自社の強みを明確化する 
     例えば
     ○○○な商品に競争力がある
     ○○○な技術が優れている
     ○○○の品質は地域でNO1である。

✅弱みを克服する方法を考える
       営業力が弱かったがブログで
       集客する為板坂裕治郎の指導を
       受ける。

       パートを採用して営業マンに
       営業に専念させ、売上回復など

銀行に定性的(数字でない)情報を
      積極的に開示する
     新たな受注先が開拓できた
     競争力のある商品開発ができた。



まだまだ沢山
分かって欲しい
取り組みがありますよね。


これが上手く伝われば
赤字企業でも、前向きに
融資を検討して貰えます。


やはり伝えるのはコトバ


伝えることを
紙に書いてみましょう。メモ



自分自身も考えがまとまりひらめき電球


分かって欲しい銀行に
正確に伝わります。


{CFBFE3F2-7FA2-41AB-A21B-F4D03B8C9C01}


やり方が分からない時は
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印


いなジィ

までどうぞおいで