辞めるのも止めるのもタイミングが大事

2016.06.18
稲葉琢也



いなジィのブログNO.119




{95F69B1D-2707-4EB3-99E1-63F5DC5493E0}

舛添知事の辞任について



初動の対応が間違っていた


対応が遅かった


タイミングを誤まった


など様々な意見が


出ていますね



企業経営や銀行取引も


タイミングが大事です


資金繰りが悪化して




借入の返済猶予=返済ストップ


を依頼するのはいつか?








真面目な社長さんほど


無理して返済し



手遅れになりがちです





手遅れにならない為に







  次のような場合はストップを
検討しましょう


●税金や社会保険料が
支払えない場合

 


●親戚や知人や友人に
借金する時


最後の拠り所であり
良い関係を保つこと




●最近多い、某信用組合の5~9%の
ビジネスローンを借りる場合


こんな高利で借りては
再生にはマイナスとなる






●返済の為に
新たに借入する場合や


社長やその家族の
ローン等を会社の為に借入する


一時凌ぎで、資金繰りが更に
悪化する原因となる




{FB7FC86F-4212-4293-A93F-8DF6E03639D4}




●従業員の給料支払いが
遅延する場合






従業員のモチベーションが
下がると再生は困難になります









●取引先の支払いを延ばす場合





取引先へのお願いは、


以後の商売が不利になる






以上のケースは何れも


返済ストップが遅れ


危機に陥った企業の実例です








社長さんが返済ストップを


相談したら、


「返済ストップしたら新しくお金が
借入出来なくなりますよ」


と銀行員に言われ
諦めていたケース




{6659A3EA-8D0D-461C-8C05-6A147A6010AA}







確かに返済ストップすれば


新たな借入は困難となります。
 




しかし
例えば毎月50万円の返済を


ストップすると1年間では


600万円借入するのと
同じ効果があります








手元の資金が無くなってから
返済を止めるのでは手遅れです

早目の対応が大事です





困ったり、納得できない時は


専門家に相談してみましょう。



相談相手が居ない時は



ココをクリック右矢印ビズサポート





いなジィこと稲葉琢也

{F6BBB94B-489F-450A-A5B0-6E467687EC5E}







にお尋ね下さい


初回30分は無料です


ダウンダウンダウン

082-548-2862