返済条件を変更したが、新たな借入をしたい方

2016.02.29
稲葉琢也
皆さんこんにちは、

新たな中小企業・

小規模事業者の

資金繰り支援・

事業再生支援を強化する

施策がスタートします。

今まで、借入の返済条件を行うと

金融機関は、新たな資金の貸出は

原則おこないませんでした。

なので返済条件の緩和をして貰い

経営の立て直し図ろうと

努力しても、新たな資金が

調達出来ない為に、

前向きな

仕入や人材の採用や設備投資などの

積極策が打てず、ジリ貧の会社も

ありました。

このような

返済条件の緩和を受けたため

前向きな金融支援を

受けることが困難な

中小企業者を対象に、

既往の保証付き融資を

新たな保証付融資に借り換え、

さらに真水(ニューマネー)

を追加することを可能とし、

これにより対象事業者の

資金繰りを支援する

複数借入を一本化することにより

毎月の返済負担を軽減し、

新規事業資金の追加を可能とする

「条件変更改善型借換保証」が

新たに創設されました。

3月1日(火)から運用開始予定です。

該当する中小企業の

社長さんは、ぜひ

金融機関や認定支援機関に

相談してみると、良いです。
制度の概要は
【保証期間】15年以内
                   (据置期間1年以上を含む)
【計画策定等】
■返済条件の緩和に断った経緯等の状況説明書を作成すること

■金融機関および
認定経営革新等支援機関の
支援を受けつつ
事業計画を策定すること

■策定した事業計画の
進捗報告を行うこと

【保証割合】
■責任教諭制度の対象(8割保証)

【取り扱い開始日】
■平成28年3月1日(予定)

制度の概要、事業イメージなど、詳細はこちらをご確認ください!
http://mail.mirasapo.jp/c/aU5Namr8lkhG7kad

お金や人や将来ビジョンのお悩みを、
社長さんと一緒に解決する
経営パートナー
下矢印下矢印下矢印下矢印
お知らせでした。バイバイ
{2EE992D1-6FAE-41FB-85E6-398BD053A8D9:01}