銀行から冷たくされるボッチ社長さんへ

2017.04.23
稲葉琢也
ボッチ社長救済計画 

いなジィのブログ428
{BC11A82A-DEF4-476A-89CE-6ADD61208634}

金融機関に
相手にされない1人ぼっちの
ボッチ社長の「借り活」を支援する
融資のプロいなジィです


{2833A0E1-A967-4933-8995-B82BE86713D7}


昨日は江上治氏の出版記念セミナーに
行って来ました

なぜ行ったのか、2つ理由があります


以前にも話しましたが
現状維持メカニズムによって
変わることのできない人



例えば
デブの人はデブのまま
ビンボーな人はビンボーなまま


マイナス思考の人は
マイナス思考のまま


それでは


1.どうすれば変えることができるのか?


2.大きく変わった人はどこが違うのか?


この疑問へのヒントを探しに
いったのです
ボッチ社長を救う為に

この本の冒頭で紹介されている
マザーテレサの言葉に
ヒントがありました




思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。




言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。




行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。





習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。





性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから




ぼっち社長の運命を変える為には

思考を変えることが
必要だと言えます




しかし現状維持メカニズムは
潜在意識の中のもう1人の自分です
「そんなこと大変だから無理」
「銀行は言うことなんか聞いてくれない」
もう1人の自分が囁きます



デブな人はデブになる思考をしており
デブになる習慣を持っています



「チョットだけだから」
「今日は特別な理由があるから」
「明日から頑張ればよい」


もう1人の自分の囁きで
簡単に元に戻ります



それでは変わることは
できないのか?




講演の後の対談で
私のブログの師匠板坂裕治郎さんが
ボリープの手術後初めて登場
いつもの復活ストーリーを披露
{C38809DA-5C97-4CAE-8402-3CE6C13D8179}
今日のブログでも、書いています



「本を読んだり、セミナーを
聞いたぐらいでは人生は変わらない」


師匠はブログを1年365日書くことで
必ず人生をかえちゃる」


人生を変えるには365日の
時間が必要と言います



確かにそんな便利な方法があれば
みんな大成功していますよね





では




どうする





その為には先ず
「目的」を明確化することが
重要なのです


ボッチ社長の場合は


その事業を
何のためにやっているのか?
何のために続けようとしているのか?




しっかり文字化するのです



「目的」明確なひとは思考がかわる


自分だけの為では続かない


裕治郎さん、「連れのために逃げれんかった」


更に1人ぼっちで変わるのは難しい



「強力なメンター」を付け

強制的に変えることです



資金繰りの厳しい
銀行に冷たくされるボッチ社長に
最適なメンターは


ピッタリです


1人で変わることが難しいので



2人3脚で変えませんか?







お金の不安を解消し
ビジョン実現をサポートする
社外の戦略ブレイン

ココをクリック右矢印ビズサポート

キャッシュフローコーチ

いなジィこと稲葉琢也
{AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}

初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン

にお尋ね下さい

初回相談は無料です
お気軽に
お問い合わせフォームか
下記の電話にご連絡ください

ダウンダウンダウン
会社の電話   082-548-2862
携帯           090-6402-4217
メール   takuyainaba.and.run@gmail.com