銀行借入の肩代わりで注意すること

2016.09.17
稲葉琢也
借入期間の延長は
やったほうが良いか? 
 
いなジィのブログNO.211
 
{BD082DD6-FEB7-452E-B9F7-959AC8D014CE}

 今回の銀行取引のご相談者は
ビジネスホテルの経営者です
 

{F93AAB89-858C-4729-AAED-251C4DEB7654}




マンションを改装した
2棟のビジネスホテルを
所有しており



新たにもう1棟を購入して
現在改装中です



この購入はA信用組合で
借り入れをしました




この縁で
既存の2棟の借入の返済期間が
あと10年で終わることを知り




A信用組合が貸出期間20年で
肩代わりする
提案をしてきました


{7F2992AE-8DE6-4D46-A5C2-758A9E83AACB}




最初は毎月の返済が減り
手元に資金が残るので
その話に乗ろうと思いました




借入先の商工中金に話したら
約3百万円の違約金が
必要と言われました




借入時に調達した長期資金に
原価が掛かっているので
違約金が必要とのことです







更に、不動産担保の設定替えが
必要なので担保設定の登記費用が
1百万かかるの為に断念しました






しかし




話を持ち込まれた商工中金は
肩代わり防止も兼ねて




新たに10年固定20年返済の
プランに乗り換えるように
強硬に言ってきました





それで迷って
相談となったのです




確かに資金繰りに
余り余裕が無いのであれば




借入期間の延長をすれば
毎月の返済額が減り



月次の資金の収支が
かなり余剰となり資金繰りを
安定させるには効果的です




しかし当社の資金繰りは
安定しております






更に提案の借入の組換えの為にも
既存の借入の繰上げ返済の違約金が
約3百万円かかります



更に固定期間中はいくら
資金が余剰になっても
毎月の返済額以上の返済は
出来ません




そこで、当初の10年の固定借入を
変動金利に変更して
諸費用を金利を引き下げ
で賄えるように要請しました





基本的には先ず
将来のCF(キャッシュフロー)の
見通しを立てて判断するのが
ベストですね





顧問税理士さんに相談したら
インフレが来るから固定金利の
長期借入をしなさいと
断定的に言われたそうですびっくり





みなさん、こんな税理士で
大丈夫でしょうかねびっくりびっくりびっくり






お金、人、ビジョンの悩みを
社長と一緒に解決して
100年成長企業に変える
 
ベテランパートナー
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
いなジィこと稲葉琢也
 
image
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初回相談は無料です
お気軽のHPのお問い合わせ
フォームか下記の電話に
ご連絡ください
 
ダウンダウンダウン
082-548-2862