銀行取引が上手くいかない方へ

2016.03.07
稲葉琢也
{E16DB4B5-54D9-4C29-9CE4-BB44E07DC256}
皆さんこんばんは、
今日はクライアントの関係で
金融機関との連絡に
時間を取られ
ブログの更新が
遅くなってしまいました。
お金、私と、将来ビジョンで
お悩みの社長さんと
一緒に課題を解決する
経営パートナービズサポート
稲葉琢也です。
今日の最初の仕事は、
クライアントの社長から
新規借り入れを申込んでいる銀行に
提出するための説明資料の
作成の依頼でした。
以前でしたら銀行員が
社長に面談・ヒアリングをして
稟議書の添付資料として
作成してくれていましたが、
最近は、
銀行員が忙しく、
充分な時間が取れない為に、
取引先企業に〇〇の資料を
提出して下さい
といった丸投げが増えてきました。
勿論、借入申込企業が
シッカリと説明資料を作れば、
それで問題ないのですが、
中小企業の社長さんは、
説明も書類を作るのも
苦手な方が多い、
又書類を作る時間もない
場合も多いのです。
昨日のブログで、
下矢印
ポイントの第4点目は、
必要な資料を積極的に
開示、提出することです。
普段から、
月次の試算表や資金繰り表
銀行別取引状況を提出し、
良い事も悪い事も、前もって
説明しておきます。
こうして銀行とシッカリと
信頼関係を作るようにしましょう。
次に、新たな借入の為に
資金の使い道、投資効果や
返済の源資、担保、保証人の
説明資料を準備して
積極的に説明します。
こうした資料作成を
専門家に依頼して
銀行員が稟議書を
書きやすいようにすると
スムーズな借入ができます。
専門家費用よりも、先ずは
銀行取引を円滑にし
必要な時にはシッカリお金を
借入できる状況を作り、
本業の充実を図る方が重要ですね。
身近に専門家が居なくて
お困りの方や、どこに相談して良いか
分からない方は
銀行取引を知り尽くした
弊社の無料相談を
ご利用下さい。おいで
では続きは又次回バイバイ