スタバが教えてくれること

2017.09.05
稲葉琢也
いなジィのブログNO.565
 
9月5日の中国新聞のニュースによると
 
スターバックスコーヒージャパンは
4日世界遺産の島、宮島で
11月に新店を開くと発表した
 
宮島ビールが建てる
地ビールの醸造所と飲食店の複合施設
「宮島ブルワリー」に入る
 
11月中旬の開業を目指して建
設が進むブルワリーの1階、2階に
「厳島表参道店」を出す
 
スタバが本州の離島に進出するのは初めて
 
来店客は1階で注文し商品を受け取り
瀬戸内海を一望できる2階のバルコニーや
ガラス張りの客席で飲めます
 
資金力のある大手は一等地に
お店を構えることが
出来きて多くの来店客が期待できます
 
間違えてはいけないのは
こんなニュースは大手の話題です
 
資金力のない私達中小零細弱小は
店舗の賃借料の高い一等地は
出店すると失敗します
 
 
零細企業は賃料の安い裏通りで
良いので、工夫して集客を増やすのです
 
そのためには、わざわざ
お客様が探して、見つけて
尋ねて来てくれること
を狙います
 
ブログで情報発信したり
店舗の周囲にチラシを配ったり
ポスティングし集客します
 
お客様がきていただけることに
力を注ぐです
 

中小の我々のインターネットは

一方でこんなニュース
(9月3日の日経新聞)
 
 
米スターバックスは
自社の商品販売サイトを
10月1日に閉鎖します
 
インターネット上での直販を
事実上取りやめます
 
「店舗体験」を重視して
顧客の来店を促すためと説明している
 
ネット上での自社商品販売は
提携先である食品スーパーのサイトや
アマゾンドットコムなどで継続する
 
外食産業ではアマゾンに対抗して
ネット販売を強化する動きが盛んですが
 
 
潮流に逆行する異例の判断と言える
 
さらにデジタル分野で力を入れるのは
(予約注文後に店舗で商品を受け取るための)
モバイルアプリなどが頭の考えを示した
 
大手といえども
販売チャンネルは絞り込んでいます
 
更に、ネットでの物販の難しさを
示していますね
 
 
広告費を使いインターネット販売を目指しても
楽天やヤフーやアマゾンは儲かるが
 
 
自社サイトに直接お客様を集客するのは
難しいのです
 
小売を行う中小零細弱小企業は
広告宣伝費を多くかけて
インターネット販売で売る戦略は
失敗する可能性が高い
 
資金力のない私達は
手間を惜しまず
 
フェイス・トウ・フエイスで
 
 コツコツと地道にお客様を
1人1人獲得して
リピートして頂くことを狙い
 
徐々にお客様が積上がっていくような
営業戦略をとるのが最良ですね
 
顧客との接点を増やす
接触回数を増やすのです
 
TDLで資本の力と弱者のやり方を
学んで帰ったいなジイでした
 
今日は以上です
 
 

お金の不安を解消し

ビジョン実現をサポートする
社外の戦略ブレイン
 
ココをクリック右矢印ビズサポート
 
キャッシュフローコーチ
いなジィこと稲葉琢也
o0480036013747442276
初めての方はこちら
ダウンダウンダウンダウンダウン
 
にお尋ね下さい
 
初めての方に朗報です
初回相談は30分まで無料です
お気軽に
ビズサポートのホームページ
お問い合わせフォームか
下記の電話にご連絡ください
 
ダウンダウンダウン
会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217
メール
takuya@bizsupport-inaba.com