昨日の大阪土産はこれです

2018.01.24
稲葉琢也
自走する組織作りは?
キャッシュフローコーチ
ビズサポート稲葉のブログ707
{5D8AB5C9-4E51-40A0-85DE-2CDAEE29AFFB}

今日はコンサルスター養成塾に
オブザーバーとして参加する為に
大阪に行きました
 
 
3か月で全6回の連続講座
講師は遠藤晃先生と
和仁達也先生です
{01A526EC-D775-4465-B30B-3BA030CE22DC}
1対1の個別コンサルに強い
和仁達也さんと
1対対多に強い遠藤晃さん
 
 
 
 
2人の先生が1回毎に
交代して進められます
 
 
 
今回は6回の最終回で
MVPを決めました
 
 
塾生が1人1分の持ち時間で
塾生期間での成果を
発表して塾生の投票で
選ぶのです
 
 
 
成果は塾生の
経済的成果と非経済的成果
更には、クライアントの成果
と養成塾の学びをどう使ったか?
 
 
全員素晴らしいプレゼンでした
そしてMVPは決まりましたが
 
 
その後の講義が秀逸でした
単なる座学ではなくて
 
 
3か月間学びながら
実践したからこそ
伝わる内容でした
 
 
それはコンサルを
目指す人へのメッセージ
 
 
やり方を教えた訳ではないが
皆が成長して成果を出せた。
 
 
やり方を教えた訳ではない
 
 
つまり 
 
 
事業を成功させることを
応援している訳ではなく
 
 
 
事業を成功させる人材を
育成することで
 自走する組織を作るのです
 
 
行動→結果→関係性→思考⤵︎
↑←ーーーーーーーーー←
 
このサイクル中で、
普通は見える、行動と結果に
着目しがちである
(TO DO)
 
 
一方で注目すべきは
見えない関係性と
思考なのです
(TO BE)
 
 
例えば行動が上手く行かないと
 
 
結果が悪くなり
 
 
結果が悪いと⇒関係性が悪化
 
 
関係性が悪化すると
 
 
思考がネガティブになり
 
 
思考がネガティブだと行動が鈍り、
結果がさらに悪くなる
 
 
なので
 
 
 
一生懸命に
行動と結果をばかり
問うのではなく
 
 
 
 
関係性や思考に
アプローチすることで
組織の質が高くなり
結果につながる
 
 
 
 
今日の学びも
スキルを身につけに
行ったのではありません
 
 
 
(TO BE)在り方
考え方を学んだのです
 
 
 
更に言えば考える
「起点」
「新たな着眼点」を
得ることが出来れば
 
 
誰しも、必ず自ら考え
成長するのです
 
 
 
 
社長さんも御社の
社員さんも御社自体も
 
 
 
自ら成長する力は
持っているのです
 
 
 
必ず成長すると
信じて自走する
組織を作りませんか?
 
 
 
今日は以上です
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇️⬇️⬇️
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
現在第1期生が受講中です。
 
2月より第2期生の告知を開始します
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com