雪で遅れる人は倒産確率が高いかも?

2018.01.25
稲葉琢也
予測が難しいことに備える
キャッシュフローコーチ
ビズサポート稲葉のブログ
{35116F98-5221-45B1-80FF-69CA34901D4B}今日は朝早くから普段乗らない
JR山陽線で広島駅に向かい
 

その後新幹線で名古屋に
向かっています
 
 

キャッシュフローコーチ協会の
名古屋強化研修があるために
 
 
 
雪の影響を考えて
少し早めに移動しています
 
 
広島発ののぞみ号で予定通り
発車しました
 
 
先程の車内アナウンスで
名古屋近辺で速度を落として運行
 
 
東京着は30分程度の遅れが
出そうとのこと
 
 
私の目的地にどの程度の
遅れが出るか予測が難しい
 
 
昨日から最強寒波襲来の
報道があり、今日の状況を
予測して対応したつもりです
 
 
因みに、準備したのは
いつもスクーターで広島駅に
向かうのですが
 
 
団地の中は積雪の為
スタッドレスを履いた
自家用車でJRの駅に移動
 
 
山陽本線で広島駅に
20分程度の余裕を持って
移動しました
 
 
新幹線は集合時刻の
30分前到着を予定
 
 
まだまだ新大阪なので
この後、若干遅れも
予測しています
 
 
情報を集めて予測をし
対応策を打つことが
大切ですね
 
 
充分な準備は非効率と考えるか
間に合わないときの損失と
準備のコストを
比較しているか?
 
 
人によって考えが違います
 
 
 
しかしたまたま上手くいった
これで本当に良いのでしょうか?
 
 
 
 
 
企業の資金繰りが
これと同じことを
求められます
 
 
 
 
 
 
資金繰りは、お金の出と入りを
チェックして、
 
 
 
将来的に資金が、
底をつかないようにすることです
 
 
 
支払い日の直前になって急に
資金が不足しそうだということの
無いようにコントロールが必要です
 
 
 
赤字だから経営破綻(倒産)
するのではありません
 
 
 
お金さえあれば潰れない
 
 
一方で黒字で利益が出ていても
お金がなくなると
経営破綻(倒産)します
 
 
従って資金繰りをシッカリ
管理して将来の見通しを
立てること
 
 
そして不足が予測されたら
早目に対策を打っておく
ことが重要です
 
 
特に本業での資金繰り
改善には時間がかかります
 
 
急ぐ場合は借入で
資金を調達する必要があり
 
 
銀行で借入する場合は
早目に必要時期を伝え
検討してもらうことです
 
 
切羽詰まると銀行も
嫌がるし、出来る融資も
間に合わないことも起きます
 
 
早目に対策を打つ為にも
資金繰りをよくみることが
 
 
資金に余裕の無い
中小企業には絶対に必要です
 
 
関与の税理士さんに相談して
シッカリ資金繰り管理を
しましょう
 
 
今日のポイントは
 
将来の予測を立て
早目に対策を打つ
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
共感してくださる仲間を探しています

私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」

ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」

共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています

又今年6月より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます

早期再生養成講座は第1期

第3講義は2月10日土曜日13時開始です。

 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com