資金繰りはお金の流れの全体像を

2018.03.15
稲葉琢也
 

キャッシュフローコーチ

ビズサポート稲葉琢也のブログ758


今日のご相談企業は
飲食業の社長さんでした
 
 

「最近の業績はいかがですか?」
 

お尋ねしたところ浮かない顔です
 

「どうされましたか?」と尋ねると
 

12月まで順調だったのですが
 
1月2月の売り上げが
思うように伸びず
 
 
「苦しい」ということでした
 

何が苦しいのですか?
 
 
「資金繰りです」
 


 
試算表を見せて頂くと
 
 
 
確かに1月2月は売り上げが
 
 
 
下がって少し赤字ですが
それ程酷くありません
 
 
 
 
そこで、気になっていた点を
詳しく聞いて確認しました
 
 
それは「社長貸付金」
 
 
前々期の決算で4百万円
 
 
前期は9百万円に急増
 
 
 
社長どうしてこうなったのですか?
 
 
 
社長夫婦と母の報酬を
社会保険料が高くなるのが嫌で
極端に下げていました
 
 
 
そのかわりに
社長が現金で借入しています
 
 
 
因みに毎月現金で借入した
お金を記録していません
 
 
 
 
その結果、試算表の現金勘定の
帳簿残高と現物残高が
不一致となっています
 
 
これでは、資金繰りの
目処が全くつきません
 
 
 
更に、貸借対照表を見ると
銀行借入金が社長貸付金に
流用されたと見られる状態です
 
 
 
これでは資金繰りが苦しくても
銀行から良く見て貰えず
 
 
 
借入に苦労します
 


 
さらに、保険の掛け過ぎで
手持ちの現金が減っています
 
 
 
本業の商品価格の見直しで
粗利を増加させることにし
 
 
 
銀行借入は改善計画を立てて
新たに借入して既存の借入と
一本化し、返済期間を
10年に伸ばします
 
 
 
保険は見直しをして
必要な保証だけに切り替えます
 
 
これでやっと資金繰りが落ち着き
毎月のお金の出入りも
入りが出を上回り
 
 
 
 
徐々に手元の現金が
増えていきます
 
 
 
 
資金繰りに不安が
ある方お金の流れの
全体像をつかまえて
 
 
 
根本的な手を打ちましょう
 
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com