成功者から学ぶことが出来る方法

2018.03.18
稲葉琢也
 

 
 
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ762
朝、TV番組「がっちりマンデー」を
見ました
 
リクルート出身社長の儲かりのヒミツ!
リクルート社員はみんな知ってる謎の言葉が!?
 
 
元リクルート社員で
独立して社長になった人が
多いということを
確かめるような番組でした
 
 
スーパースプラウトを
生産する村上の農園
 
 
託児所付きオフィスを
有している会社
 

どれも独自のビジネス領域を開発
日常日トップになっています
 
 
最近はこんな風に「儲かり」の
情報がたくさんあります
 

ではなぜ、みんな成功から
学べないのでしょうか?
 
 
1つには既に成功しているものを
そのまま真似たのでは
後発では勝てませんね
 
 
 
まずは徹底的に真似る
そして独自の工夫を入れて
 
 
発展させて独自のものにすると
独自のビジネスが出来ます
 
 
 
しかし
 
 
 
そうやって新たなビジネスの
ヒントをつかみ成功する人は少ない
 
 
 
最も障害になる事は何か?
それは、「すぐ忘れてしまう」
ということなのです
 
 
 
以前も書きました
エビングハウスの忘却曲線
 

時間とともにドンドン忘れます
 
 
 
そもそも何を得ようと
思って番組を見るのか?
 
 
 
 目的意識を持ち
アンテナ立てておき
 良いと思ったことを
即座に記録する
 
 
 
 
実は私も今日の番組を見て
リクルートの名言を3つ
良いと思いました
 
 
 
1つ目
「自ら機会を創り出し、
機会によって自らを変えよ」
 
2つ目は、正確ではないが
「不」の中にビジネスチャンスがある
こんな趣旨の言葉でした
 
 
しかしもう1つは
1時間もしないうちに
忘れてしまいました
 
 
メモしていなかったのです
結局その見ていた時間は
無駄に過ごしたという事に
なってしまいました
(やっちゃいました)
 
 
 

一方で成功する人は
時間の使い方がうまい
 
 

こんなわずかな違いが
大きな差となります
 

セミナーや塾や講演に行って
学んでも、最初のハードルは
重要なポイントを忘れる
ことだということが
よくわかりますね
 
 
 
つねにすぐ記録する
私のメンターの和仁達也さんは
以前はいつもポストイットに
記録していたそうです
 
 

そして現在はEvernoteに
メモするそうです
 

先日ブログに書いた
長谷川和廣さんの「社長のノート」
(おやっとノート)も
同じことだと思います
 
 
愚直に記録しすぐに
行動する
 
 
 そして振返り学び
行動する
 
 
 行動に直結させる
要するに使っていれば
忘れずに自分のものになる
 
 月曜日から行動を加速させます
 
今日は以上です
 
 
 
 
 共感してくださる仲間を探しています
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 
 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com