中小企業の社長が知るべき経営の数字

2018.03.22
稲葉琢也
 
 

 
 
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ766

今日の本の著者は
公認会計士の前川修満さん
 
「会計士は見た」
 
ソニーから東芝まで事件な
企業の決算書を読み込む
 
 
「記者会見を信じるな!
真実は帳簿に宿る」
 
 
 
 
企業の姿は記者会見等における
企業側の説明(PR)よりも公表された
決算書を読み解いた方が、
的確に捉えられることが
可能になります。
 
 
 
企業側の発表だけでは
その会社の「表の顔」しか
見えてきません。
 
 
 
 
しかしそこでは好業績を
発表している企業でも
 
 
 
決算書をよくよく読んでみると
実は経営に苦しみ、もがいている
「本当の姿」が見えてくる
 
 
 
 
日々決算書と向き合っている
筆者にはそうした経験は
数え切れないほどあります
 
 
本書で見ていくのもそうした
決算書からわかる企業の
裏の顔」です
 
 
 
ソニー
赤字決算にもかかわらず
なぜ多額の法人税を収めているのか?
 
 
ソニーの企業グループで
親会社と子会社の業績が
全く正反対であったからです
 
詳細は本を買ってお読みください
ここから見えたことは
 
 
本業の非金融事業
(エレクトロニクス事業)は
依然として右肩下がりで
低迷しており
 
 

本業ではない金融事業が
圧倒的に伸びています
 
 
つまりソニーはエレクトロニクスの
企業から金融の会社に転換しています
 
 
 
 
異様に膨らんだ法人税額は
その裏には生き残りをかけた
ソニーの大転換があったのです

大塚家具
トップの座をめぐる父と娘の対立は
実は日本型経営と米国型型の対立だった
 
 

日産
コストダウンでは絶対に
削っていけない数字がある
 
 
コストダウンの大半は
原材料費の削減
 
 
人件費は削減しても
1人当たりの人件費は
下げていなかった
 
 

キーエンス
企業内平均年収1600万円超
「工場がない製造業」は
なぜ儲かるのか?
 
 
スカイマーク
倒産する企業まず決算書の
ここに赤信号が灯る
 
 
それはキャッシュフロー計算書に
現れます、黒字でもキャッシュフローが
大幅なマイナス
 
 
原因は航空機に対する過大な
先行投資でした
 
 
さらにそれは発注でキャッシュが
出て行き、途中で6機を2機に
減らすことで巨額の違約金を
支払わなければならない
事態を招きました
 
 
まさに経済性を無視した
無謀な投資であったと
氏は説明しています
 
 
 
 

東芝
監査が見逃した
「ソフトウェア開発の数字」に
異常事態がはっきりと表れていた
 
 
 
この本を読んで分かること
我々中小零細企業の経営者は
経営の意思決定に必要な
数字を理解することが
とても大切です
 
 
 
自社の決算書のポイントが分かり
適切に意思決定できるようになれば
事例のような失敗はしません
 
 
そのために数字や会計の苦手な方は
「お金のブロックパズル」という
1枚の図で自社のお金の全体像が
分かる方法がありますよ
 
 
 
弊社でもセミナーを行っています
宜しければご参加ください
 
 https://resast.jp/page/event_series/30884
 
 
 又ご不明な点は遠慮なくお尋ねください
今日は以上です
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com