資金繰りに不安を感じたらどうする?

2018.03.26
稲葉琢也
 
 
 
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ770
 
お金はどこに消えたか?
弊社に相談がある中小企業の大半は
相談の中心が資金繰りです
 
 

事業には熱心で一生懸命
お店も繁盛しているのに
お金がなくてアップアップ
 
 
 

売り上げも毎年伸びて
車両も増えており、
働くドライバーも増えている
運送業者さん
 
 
 
 
資金繰りが厳しくて
銀行が融資をしてくれません
 
 
 
資金繰りが苦しい会社は
 
 
 
赤字で稼げておらず
お金の「入り」より「出」が多い
 
 
 
黒字だが
お金の「入り」より「出」が多い
 
 
要するにお金の入りと出の
バランスが悪い
 
 
中でも、借入と返済の影響は
ストレートに資金繰りに現れます
 
 
 
これを分かるためには
借入金の返済は損益計算書には
書いてないこと
 
 

借入金の利息の支払いは
損益計算書の営業外費用の
欄に書いてあること
 
 

借入元金の返済は損益ではないので
損益計算書には載っていません
 
 

借入金の返済が分かるのは
貸借対照の借入残高の増加と減少
 
 
 
損益計算書の税引き後利益と
減価償却費を足したものを
キャッシュフローといいます
 
 
 
借入金を返済するのは
このキャッシュフローで
返済します
 
 
従ってそのキャッシュフローと
1年間の返済金額とを比べて
 
 
返済が多いとだんだんお金が
無くなっていきます
 
 
 
キャッシュフローを増やすか
返済を減らすか
どちらかが必要です
 
 
営業のキャッシュフローを
増やすには時間がかかります
 
 
まず、早く手が打てるのは
 
1.新たな借入する
 
2.返済金額を減らす
 
このどちらかです
 
 
新たな借入がスムーズに
行くためには、
 
 
資金使徒(借入の使い道)が
しっかりしていること
なぜ必要となったのか?
 
 
次にどうやって返済するのか?
返済するためのお金は
どのようにして稼ぐのか?
 
 
現在赤字ならどのような理由で
赤字になったのか?
 
 
今後どうやって挽回して
黒字にするのか?
 
 
このように説明することを
銀行が聞いてきます
 
 
答えられるように準備
しておきましょう
 
次に返済の条件を変えるときは
改善計画を立てて出して下さいと
言われます
 
 
この場合は、先日のブログで書いた
経営改善支援センター事業を
活用して、
 
専門家に計画を立てる
手伝いをしてもらうと良いです
 
 
 
 
今日は以上です
明日は借入と返済以外の
資金繰り対策について
説明しますね
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com