お金はどこに消えた続編、運転資金

2018.03.29
稲葉琢也
 

 
 
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ773
 
 
一昨日に続いて資金繰りの話です

特に貸借対照表(BS)で
お金の動きをみる方法です
 
 
まずは、営業の状態について
考えてみましょう
 
 
運転資金という言葉を
聞いたことがあると思います
 
 
運転資金は貸借貸借表に
のっている次の科目をみます
 
 
 
 
売掛金と在庫を加えて
そこから買掛金を引いた金額です
 
 
ではこの運転資金はいつも
変動するでしょうか?
 
 
 
 
 
売掛金は
 
 
 
売上したけどまだ代金が
入っていないものです
 
 
 
 
 
例えば
月の初めから日々売上て
月末で締めて請求します
買い手からは翌月の20日に
入金になる
 
 
 
 
 
そうすると月初に売って
翌月20日だと50日の売掛
 
 
月末に売って翌月20日までなら
20日の売掛
 
 
平均すると(50+20)÷2=35
売掛期間は35日
 
 
 
 
 
 
 
例えば、年商が1200万円なら
月商は100万円で、売掛金は
取引条件が変わらなければ
 
 
100万円×35÷30=116.6万円
 
 
 
 
 
 
取引条件がかわり
翌月20日入金が翌月30日入金に
かわると売掛日数が10日伸びます
 
 
すると売掛金①は
100万円×45÷30=150万円
 
 
 
 
こうした変化が起こります
 
 
 
 
 
在庫については季節性が
あるような商品だと
大きく変動します
 
 
又大量仕入れをしたり
大量の売れ残りがあると
膨れ上がります
 
 
 
例えば
大きな変動が無い場合は
だいたい3か月分の在庫②
180万円
 
 
 
そして買掛金ですが
売掛の逆で、
月初から日々仕入れして
月末に締めて翌月20日支払い
 
 
買掛日数は最長50日と
最短20日の平均35日となります
 
 
年間仕入れ720万円なら
平均月間仕入60万円
 
買掛金③は
60万円×35÷30=70万円
 
 
 
 
 
 
運転資金は
売掛金①+在庫②−買掛金③
 
150万円+180万円ー70万円
 
=260万円

 
こんな風に計算します
 
 
 
計算が苦手な方は
 
 
 
 
 
 
売掛金(資産)が増えると
お金が必要(お金が減る)
 
 
同じく在庫(資産)が増えると
お金が必要(お金は減る)
 
 
 
一方、買掛金(負債)が増えると
お金が要らない(お金が増える)
 
 
 
これだけ覚えておきましょう
そしてこの運転資金は
取引条件が変わらない場合は
 
 
 
 
 
常時、資金が必要です
従って本来この資金を
借入する時は
 
 
 
 
 
返済条件のついていない
短期継続融資で調達するのが
望ましいのです
 
 
 
 
 
具体的には短期のころがしか
借入専用当座貸越です
 
 
 
 
長くなりましたので
今日は以上です
 
次回も続けて貸借対照表を
説明しますね
 
 
 
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 
 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com