なんのために生きるのか?

2018.04.20
稲葉琢也
 
 
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ795
{E91AB6AA-3837-49FC-9E67-EF9F4523115C}
昨日は話題の本「君たちはどう生きるか」
を買ってきて読みました

 お父さんをなくした
小学生のコペル君は
素直で真面目な少年です
 
 
 

しかし友達がいじめっ子に
いじめられているときに
助けてあげることができず
自分が情けないと感じます
 
 
いつもいじめられっ子を
友達のカッチンが助けたことで、
カッチンはいじめっ子の
お兄さん達上級生に仕返しを
されるという噂が広まりました
 
 
 
 
かっちんを中心にコペル君達は
みんなでかっちんが上級生に
いじめられそうになったら
全員で盾になろうと約束をします
 
 
 
ある日、校庭で遊んでいる時
誤って上級生の雪だるまを
カッチンが倒したことで
 
 
 
上級生に難癖をつけられて
暴力を振るわれます
 
 
 
 
その場面でコペル君は
またも自分は動くことが
出来ませんでした
 
 
 
他の友達はちゃんと約束通り
盾になろうと動いたのに
コペル君は怖くて動けなかった
 
 
 
 
そのことでコペル君が
学校にいけなくなります
何日も休んで寝込んで
休んでいた時
 
 
 
 
仲の良いおじさんや
母親からある気づきを
得て、ある一歩を
踏み出します
 
 
 
 
詳しくは本を購入して
お読み下さい
 
 
 
 
私はこの本を1時間程度で
読み終わりましたが
 
 
 
 
大きな気づきを得ました
 
 
 
 
それは限られた命を使い
「何のために生きるのか?」
 
 
 
 
自分の62歳という年齢から
残された時間を、考えることが
多くなっていましたが
 
 
 
 
長い人間の歴史を振り返ると
私達の一生は、ほんの一瞬とも
いえます
 
 
 
 
その一瞬で誰かの為に
役に立つ生き方をすることで
生きた証となる
 
 
 
 
人は決して1人では
生きられない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の使命を明確にする
そして他者と良い関係性を
築きます
 
 
 
 
 
共感する仲間を巻き込んで、
影響力を発揮して
社会に貢献する
 
 
 
 
このように限られた
時間で考え実践することが
生きている意味だと
振り返ることができました
 
 
 
 
 
 
 
日常の生活に追われて
忘れがちですが
 
 
 
 
たまに、こんな風に
本から学ぶと
 
 
 
 
心のエネルギーが
満タンになりますよ
 
 
 
 
忙しく、がんばっている社長さん
たまに、視点を切り替えて
見ましょう
 
 
元気が出ますよ
今日は以上です
 
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
 
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
 
今年6月より
 
 
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
 
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 
 
 
 
 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com