頭に来てもアホとは戦うな

2018.04.21
稲葉琢也
 

 
 
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ768 
 

「頭にきてもアホと戦うな!」
ちょっと過激なタイトルの
本を昨日は読みました
 

タイトルは過激ですが
内容は至極真っ当な
納得の本でした
 
 
現代版・孫子の兵法
 
 
著者は前参議院議員の
田村耕太郎氏
 
 
「はじめに」として
この本で送りたいメッセージは
経営戦略に似ていると
書き出している
 
 
 
「限られた資源を無駄遣いするな」
ということです

 
 
 
時間もエネルギーも
タイミングも
たった1度の人生を思いっきり
謳歌するための、
限られた財産である
 
 
 
 
それを「アホと戦う」という
マイナスにしかならない
使い方で浪費するなと言います
 
 
 
 
 
ナイーブ(英語の本来の意味である
子供っぽいと言う意味)
 
 
 
 
 
 
純粋でまっすぐであるがゆえに
アホな連中と無駄に戦ってしまい
心が擦り切れてしまった人たちに
 
 
 
 
 
前向きな成果も何も
生み出さない行為に
時間やエネルギーを
費やすことをやめてほしい
 
 
 
 
 
そしてその限られた時間と
エネルギーを1度しかない
大切な人生を輝かせることに
使ってほしいと説きます
 
 
 
 
 
 
 
 
アホが許せないと言う
責任感や正義感はある意味
素晴らしいがナイーブだと
思われる
 
 
 
 
 

正義感や責任感の裏には
その底に流れる勧善懲悪
という甘えがある
 
 
 
 
 
残念ながら勧善懲悪など
なかなか起こらない
 
 
 
良い悪いではなく、
それが人生
それが現実世界だ
 
 
 
 
悪い奴ほど出世する
少なくとも成功する人
善悪ではなく真理を
追求しているようです
 
 
 
 
 
良い人生を送りたいなら
追求すべきは勧善懲悪ではなく
真理と筆者は言います
 
 
 
 
 
悔しい過去にこだわり
未来を犠牲にするのか
 

 
それとも成功するための
「真理」集中するのか
 


成功者は無駄に戦わない
戦うべき時と相手を選ぶ
 
 
 
アホと戦う無駄を
知り尽くしているから
成功するのだと言える
 
 
 
 
戦うべき相手は人間関係で
「くよくよ悩む自分」
「腹を立てる自分」だと思って
欲しいと筆者は訴えています
 
 
 

詳しくは、本を読んで
下さいね
 
 
この本は
自分の時間=命の使い方に
大変参考になります
 
 
又中小零細事業の私達が
会社を一丸となって
ビジョン(目的)に向かう為に
 
 
 
 
社内で声高に自説を主張する人や
好戦的な人と無駄に争うことなく
チームをまとめる為の示唆に
富んでいます
 
 
 
社内がまとまらないのも
アホな戦いをしている
ことが多いのです
 
 
 
取引先でもアホは居る
無理難題を押しつける相手に
理不尽だと憤って無駄な
エネルギーを使っています
 
 
 
 
 
週末です、こんな本を読んで
無駄にエネルギーを使い
消耗している現状を
変える起点にしてみると
 
 
新たな意欲が湧いてきます
 
 
今日は以上ですは
 
 
 
 
共感してくださる仲間を探しています
 
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com