資金繰りが見通せない事例

2018.05.24
稲葉琢也
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ830


わたしのクライアントの
依頼がありました
 
 
2月3月の売り上げが
例年以上に低かったために
今月末の支払いがギリギリ
 
 
 
6月には資金がショートする
のでどうすれば良いかとの
ご相談でした
 
 
 
資金調達の目処が
あるのか尋ねたところ
家族内で資金を集めて
支払うのは厳しいとのこと
 
 
 
 
 
やむなく銀行借入
検討することにしました
借入残高は3番手の
地元地銀に申込みします
 
 
 
 
 
弊社からその地元地銀へ
融資を検討するように
依頼しました
 
 
 
 
 
信用保証協会の利用が
少ないので信保付きの
借入で対応依頼です
 
 
 
 
当面の資金繰りの対応は
なんとかできる目途が
つくので
 
 
 
 
なぜこうなったのか聴くと
社長が自分で資金繰りを
みていたのですが
 
 
 
ここ数ヶ月忙しくて
資金管理できなかった
とのことでした
 
 
 
 
デイサービスや訪問介護など
介護関連の事業を幅広く
行っており
 
 
重要なことは
社長が行っており
他には大事なことを
任せられる人がいないのです
 
 
 
 
 
社長が自らやるべきことと
社員に任せることを
仕分けする判断基準を
打ち合わせて決めました
 
 
 
 
その結果、経理の事務を
任せる人材を採用する
ことにしました


 
 
今回は銀行で借入して
ことなきをえましたが
 
 
 
今後は半年先までの
資金繰りが見通せる
キャッシュフロー経営を
行います
 
 
 
皆さんも資金不足が
早目に分かり資金手当
出来る経営を行っていますか?
 
 
 
直前にならないと
資金不足が分からない方や
先の資金繰りが不安な方は
 
 
 
全国に約350人いる
キャッシュフローコーチに
ご相談ください
 
 
今日は以上です
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで学べます
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com