取引する銀行選びには気をつけよう

2018.05.29
稲葉琢也
キャッシュフローコーチ
ビズサポートの稲葉琢也のブログ832
今日は私の再生の仲間に
起こった事例です
 

ある販売会社から
返済が苦しいので
経営改善支援センター
事業を使って
 
 
返済額を稼ぐお金の
範囲内に収まるようにする
 
 

そんな打ち合わせが
昨年末まとまり
 
 
 

メインバンクのM銀行に
説明をして、改善センターの
利用申込を銀行の印鑑を貰い
 
 

会社と専門家の仲間と
M銀行が同意して
 
 
 

センター事業の利用が決定
していました
 
 
 
計画の策定支援事業に
取り掛かりましたが
社長は資料提出を渋り
 
 
 
経営改善計画策定に取り組んで
いることを説明しないで
今まで取引のない金融機関で
勝手に借入しており
 
 
支援機関の専門家に
ひとことの報告もありません
 
 
 
今回、決算期を過ぎ
決算書が出来上がったので
本格的に計画を進めようと
 
 
各金融機関に現在の
進捗状況の報告をしました
 
 
するとメインのM銀行は
支店長が交代しており
 
 
 
新しい支店長は
センター事業を利用をして
改善計画策定中であることを
全く知りませんでした
 
 
 
一方でその社長は、
改善センターのことを
金融機関に内緒にして
勝手に借入交渉をしています
 
 
 
 
しかしその会社は過去の赤字が
原因で大幅な債務超過企業です
 

また前期は若干利益が出たが
今回の決算はかろうじて黒字で
過去の赤字を補填するために
膨らんだ借入金の返済の目処は
全くありません
 

したがって次々に返済の為の
借入をしない限り、返済することは
できないのです
 
 
 
 
 
もしもう少し業績が悪化すると
どこの金融機関も
貸してくれなくなります
 
 
しかし、銀行も社長も
目先の資金繰りを借入で
しのげれば良いと
言わんばかりの対応でした
 
 
 
 
これからの対応は社長と
M銀行の支店長しだいです
 

銀行の付き合い方も
気を付ける必要があります
 
 
少しでも不安を感じたら
専門家の客観的な意見を貰い
適切な判断をしましょう
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
 
 
私のミッションは
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョンは
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月より
 
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座を
始めます
⬇️⬇️⬇️
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座を始めました
 
全6回でほぼマンツーマンで
実例に関わりながら学べます
 
 
 
 
 

 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com