W杯日本代表対ベルギーを観戦して得たこと

2018.07.03
稲葉琢也
#資金繰り #銀行取引 #経営改善
 
お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
ビズサポートの稲葉琢也のブログ868
 

 
朝3時起きでワールドカップ
日本対ベルギーの試合を
観ました
 
 
前半は0-0で手堅くスタートして
後半、原口選手と乾選手の
シュートで2点先行しました
 
 
ジャイアントキリングして
ベスト8進出かと
興奮しながら観ていました
 
 
その後ベルギーの2得点で
同点となりました
 
 
 
そして交代出場した
本田選手のフリーキックが
ゴール左隅に無回転で飛びますが
 
 
 
キーパーがクリアして
コーナーキックとなり
本田選手がコーナーキックを
蹴りました
 
 
 
しかしキーパーがキャッチし
ベルギーのカウンター
 
 
 
アディショナルタイムに
3点目を取られ
負けてしまいました
 
 
多くのワールドクラスの
タレントを擁するベルギーに対して
 
 
日本チームは組織力で
対抗しました
その組織力の背景となったのは
スカウティング(分析)です
 
 
相手のフォーメーションから
プレースタイルや個別の選手の
特徴まで詳しく調べて
対応策を練っていました
 
 
 
前半は特にスカウティングを
活かした攻撃と守備でした
 
 
 
 
 
選手だけでなくチーム全員で
勝負して選手個人の力では
上手のベルギーに
素晴らしい勝負をしました
 
 
 
 
しかし、残念ながら、
あと一歩のところで
負けました
 
 
 
 
負けましたが見応えのある
素晴らしい試合で
日本チームに感謝です
 
 
 
 
試合直後の選手の
インタビューでは
大半の選手が悔しさを
滲ませていました
 
 
 
 
この悔しさをバネに
若い選手は次の飛躍を
果たしてくれると信じます
 
 
 
一方で長友選手のインタビューで
「悔しいけど自分達の力を
出し切ったので悔いはない、
胸を張って帰ります」
 
 
 
このコメントが私は
素晴らしいと思いました
 
 
 
試合を観ていろいろな
感動や気付きがあると思います
 
 
 
 
私は、長友選手のように
最大限の努力をして
やりきったと言えることが
1番だと感じました
 
 
 
 
人生には勝負の場面は
数多くあると思います
いつも勝てるとは限らない
 
 
 
 
むしろ思い通りに
ならないことが多いです
 
 
 
 
 
その勝てなかった勝負の後
何を得て、次に向けどのような
「姿勢」をとるべきかを
深く考えさせられました
 
 
 
 
 
朝3時起きでサッカー観戦
あえて観戦した1番の効果は
新たな気付きを得て
スタートできる点です
 
 
 
ポイントは
 
最後まで諦めない姿勢
 
やりきったと言える行動量
 
 
 
私も見習って顔を上げ
胸を張って、スピードと行動量を
意識して頑張ります
 
 
 
 
皆さん、素晴らしい一日を
今日は以上です
 
 
 


 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座もあります
 
全6回でほぼマンツーマンで学べます
 
 
 
 

お金の不安解消と
ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com