銀行への説明はどこまですれば良いのか?

2018.07.29
稲葉琢也
お金の不安解消とビジョン実現
の社外戦略ブレーン
キャッシュフローコーチの
稲葉琢也のブログ894


今日は台風が来るので
事務所に行くのはやめて
自宅で仕事しました
 
 
 
 
最近はPCがあるので
準備しておけば、どこでも
仕事が出来ます
 
 
 
 
もちろん情報ろうえいなどの
リスクには充分な配慮が
必要です。
 
 
 
経営改善に取り組んでいる
お客様の全体像が分かる
「債務者概況表」を
書いていました
 
 
事業内容・沿革
 
 
株主構成
 
 
 
金融機関借入残高とシェア
 
 
財務内容及び問題点
貸借対照表と修正項目
で実態バランスを表します
 
 
主要項目に対するコメントと
問題を記載します
 
 
 
資産査定として貸借対照表の
科目の簿価が時価とちがう
場合は時価に修正します
 
 
 
財務上の問題点を記載します
 
 
 
さらに
事業面の現状と課題認識
 
 
 
これらを踏まえて
経営改善計画策定方針を
を記載します
 
 
 
こうした書類を作成する際に
大切なことは、実態を正確に
把握する
 
 
 
 
 
そして金融機関に実態を
分かりやすく説明する
ことが重要です
 

経営改善計画はもちろん自社の
為につくりますが
 
 
金融機関に理解してもらい
金融支援を受けるために
つくります
 
 
だから金融機関が読んで
なるほどと思うように
分かりやすく説明することが
大事なんです
 
 
変に小細工すると
後から説明に行き詰まります
 
 
特に実態バランスを
検討するときには不良資産
 
 
 
 
例えば回収の難しい
売掛金などをありのまま
申告することです
 
 
基本はありのまま正直にです
 
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座もあります
 
全6回でほぼマンツーマンで学べます
 
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com