事業を再生する際の初めの第一歩は?

2018.08.06
稲葉琢也
お金の不安解消とビジョン実現の
社外戦略ブレーン
キャッシュフローコーチの
稲葉琢也のブログ902


今日も経営改善支援センター事業を
活用して金融支援を受ける
 
 
 
相談企業の計画策定に向けた 
打ち合わせをしていました
 
 
 
 
 
 
 
今回のご相談企業は
本業は概ね順調でしたが
新しい事業部門の開始準備を
行っていましたが
 
 
 
 
 
 
その事業部門は既存の事業とは
分離する必要があり
新たな一般社団法人を作りました
 
 
 
 
 
しかしその新設の
一般社団法人では融資は
できないとメインバンクに
言われたようです
 
 
 
 
 
やむなく、旧会社で借入した
資金を一般社団法人が
借りました
 
 
 
 
しかし、その後
新事業が順調に行かず
 
 
 
 
 
従来事業を行う親会社に
運転資金を融通して
もらおうとしたが
 
 
 
 
 
親会社の資金も底をつき
借入も難しいとのことで
HPで見つけて
 
 
 
 
 
 
弊社に相談に
来られたとのことです
 
 
 
 
 
まずは正確な現状を
把握するために
細かく確認していきますが
 
 
 
 
 
どちらの法人も試算表が
できていません
 
 
 
 
 
なので改善の第1歩として
親会社と新設社団法人の
両方の試算表を税理士さんに
依頼して作って頂いています
 
 
 
 
 
事業を行って先行して
支払いした費用を
上部組織の協会に
請求する仕組みを
詳しく教えて貰いました
 
 
 
 
 
立て替えた資金が
いつ入金になるのかを
確認しました
 
 
 
 
 
お金の流れを確認して
資金不足の原因を
把握します
 
 
 
 
 
そしてそのお金の流れを
試算表で確認するのです
 
 
 
 
 
そして今回不足する
資金を借入したら
どのようにして
返済できるのか?
 
 
融資を受けるには資金の必要理由が
妥当であるか?
返済する源資は何か?
返済できるのか?
 
 
 
 
金融機関の質問に
答えられるように
事前に整理していきます
 
 
 
 
こうしてまず金融機関で
借入できるようにして
資金繰りの危機を回避します
 
 
 
 
 
次は事業面での再生策を
検討します
 
 
 
 
 
つまり再生計画策定までの
時間を確保するには
素早い資金繰り対策が必要
なのです
 
 
 
 
 
 
もしも不振の予兆を
感じたらいち早く
専門家に相談することが
大事です
 
 
1人で悩まず
早く相談しましょう
 
 
今日は以上です
 
 
 
 
 
私のミッション
「お金で不幸になる人を無くす」
 
 
ビジョン
「早期再生で広島を日本一
チャンスの多い県にする」
 
 
 
共感して、中小企業を
元気にする仲間を募集しています
 
 
 
今年6月9日より
キャッシュフローコーチ養成塾
広島ファシリテーター講座
第1期を始めました
⬇⬇⬇
 
 
 
又、中小企業診断士向けの
早期再生養成講座もあります
 
全6回でほぼマンツーマンで学べます
9月から第3期が始まります
 
 
 
 
 
 
お金の不安解消と

ビジョン実現の戦略ブレーン
キャッシュフローコーチ
稲葉琢也

お金の悩みを解消して

あなた(あなたの会社)が

なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

銀行取引の5つのコツ

お気軽にご相談ください

ダウンダウンダウン

会社 082-548-2862
fax 082-548-3170
携帯 090-6402-4217

メール
takuya@bizsupport-inaba.com